人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

キャバレー 2012 東京→大阪

2012.3.30(金)18:30-21:35(休憩20’)梅田芸術劇場メイン 1-3F満員
大阪初日
クラシックな音響なので、オケとかバックコーラスはよく響きます。
シュルツ木場さんの歌が東京のときに比較して意外だった。逆にフロライン杜さんの歌がグーンとよく聞こえる。ホールによってこんなに違ってくるんですねー
サリー藤原紀香、MC諸星さんは特に同じに聞こえました。
はじめての通しオール観劇だったのですが、MCさんの一挙手一投足まで重点観測してみました。
一見、無表情、無感動なんですが、じつにおもしろい動きと視線の動きはお見事です。特に2幕のチャップリンになってから素晴らしく、ナチスの制服になって、ハイル!ヒットラー!の動作まで芸術的な動きで驚きました。賞を受けられたのも納得しました。
サリー藤原も歌も向上して、良いできでした。まだまだ発展途上のようですね、ショーストップできる実力が欲しいのです。
カテコの挨拶、いつもの募金について、ここにきて音響が小さくよく聞こえず、18列だから。
しかし紀香さんが、ずーと先頭に立って、大震災についての募金に奮迅されていることは、みんな知っています。ありがとう。

************************************
2012.3.15(木)13:30- (休憩20’)東京国際フォーラム ホールC 1F満員
2012.3.8(木)13:30-16:33(休憩20')東京国際フォーラム ホールC 1F満員

実は3/8_1時間遅刻、3/15_1幕のみ の変則観劇になりました。
キャバレーは初回は都合で見られず。やっと巡り会えたという感触。


Cast
藤原紀香=サリー・ボウルズ(キット・カット・クラブの歌姫)
諸星和己=MC(キット・カット・クラブの司会者で物語の狂言回し的存在)
大貫勇輔=クリフォード・ブラッドショー(作家・サリーの恋人となる)
高嶺ふぶき=フロイライン・コスト(シュナイダー夫人の下宿屋に住む売春婦)
増沢 望=エルンスト・ルートヴィヒ(ナチス党員)
杜けあき=フロイライン・シュナイダー夫人(下宿屋の女主人)
木場勝己=ルドルフ・シュルツ(ユダヤ人の果物商)

Kit Kat Boys
ヘルマン:香取新一
ボビー:丘山晴己
ハンス:ヨウスケ・クロフォード
ヴィクター:安田栄徳

Kit Kat Girl
フリッツイー:朱音(Akane)
ルル:栗山絵美
ヘルガ:小嶋亜衣
ロージイ:MEDUSA
テキサス:森実友紀
フレンチー:吉元美里衣

Ensemble
秋山千夏
あべこ
小笠原みち子
山下愛
谷口浩久
原慎一郎
山崎義也
山名孝有幸



オーケストラ
御崎恵 指揮
山田はるな ドラムス
玉木寿美 ベース
三谷麻衣子 ギター/バンジョ
松永祐未子 ピアノ
明石敏子 キーボード
丸本靖子 トランペット1
浅利未央子 トランペット2
近藤智子 リード1
広原利江子 リード2
中澤まどか リード3
庄司知世 ホーン
楢村海香 バイオリン
甲斐光徳 マニュピュレーター


Staff
脚本 ジョー・マステロフ Joe Masteroff
作曲 ジョン・カンダー John Kander
作詞 フレッド・エブ Fred Ebb

修辞・訳詞・演出 小池修一郎

翻訳 せつ珠麗
音楽監督 甲斐正人
振付 桜木涼介
美術 二村周作
照明 笠原俊幸
映像 奥秀太郎
音響 大坪正仁
衣裳 前田文子
ヘアメイク CHIHARU
歌唱指導 山口正義


エグゼクティブ・プロデューサー 宮崎洋、金森美彌子
プロデューサー 大澤雅彦、堀内美穂

主催 日本テレビ ホリプロ
企画制作 ホリプロ


2012.3.2-18 全20回 東京国際フォーラムホールC

3.23-24 全2回 金沢 本多の森ホール

3.30-4.1 全4回 梅田芸術劇場メインホール

4.7-4.8 全3回 名古屋 中日劇場
by newmusical | 2012-03-31 17:27 | その他カンパニー | Comments(0)

MY ONE AND ONLY 2012 東京

2012.3.24(土)13:30-16:40(休憩20')青山劇場 満員
千穐楽

なんか、おもしろくないですねー
期待して見に行った人が、あまり活躍していない感じだった。あの、タップモブシーンなんかでも、絶対に最高に盛り上がって、ショーストップになるべきなのに、不満鬱積。オープニング2場面ぐらいで、おっいいぞと思ったんだけど、残念です。



続く・・・・
by newmusical | 2012-03-25 15:34 | その他カンパニー | Comments(0)

キャッツ 2012 横浜

2012.3.23(金)13:30-16:03(休憩20’)横浜キャッツシアター 入り75%
また雨に降られた、あの道、いったいいつ屋根つけてくれるの?、ぶつぶつ歌いながら劇場へ
ねこ踏んじゃった、ねこ踏んじゃった、ねこ踏んづけ踏んづけ、踏んじゃった(笑)
d0071364_21134949.jpg

歌うまいね、グリ・ジェリー・ジェニエニ(意識的に音量を大きくしてあるようです)
岩崎ミストが最高で、芝タガーが次でした
安江ギルこれがやんちゃ顔目立つ。坂田さんいたの?気がつかず
ラスト・オーキャット賛歌で、洗礼を受けたような感覚、いつも、これがいいですねー キャッツはやはり特別。
回転席、握手タガー席でした
by newmusical | 2012-03-23 21:13 | 四季 | Comments(0)

ベスト10

ベストテン 2011
ミュージカル誌*2012 3,4月号
2011年

●作品10
1 ロミオ&ジュリエット 127点(10点満点×4)@TBS+ホリプロ+東宝
2 ピアフ 123点(10点満点×7)
3 GOLD 104点(10点満点×1)
4 スリル・ミー 98点(10点満点×2)
5 ロミオとジュリエット 94点(10点満点×3)@宝塚
6 三銃士 76点(10点満点×2)
7 眠れぬ雪獅子 54点(10点満点×1)
8 リタルダンド 52点
9 ゾロ ザ・ミュージカル 48点
10 ロッキー・ホラー・ショー 33点
11 おもひでぽろぽろ 31点 
12 MITSUKO 30点
13 エディット・ピアフ 29点
13 ニューヨークへ行きたい!! 29点
15 ロコへのバラード 22点
15 わが町 22点
17 ビクター・ビクトリア 19点
18 ドラキュラ 18点(10点満点×1)
20 TRIANGLE VOL.2 16点
20 ニジンスキー 16点
22 嵐が丘 15点
22 ソング&ダンスThe Spirit 15点
22 ROCK OF AGES 15点



再演BEST10
1 レ・ミゼラブル
2 ユーリンタウン
3 ノバ・ボサ・ノバ
4 オペラ座の怪人
4 日本人のヘソ
6 サイド・ショウ
7 スウィニー・トッド
8 アイ・ラブ・坊っちゃん2011
8 ファントム
10 太平洋序曲

演出家賞
小池修一郎 ロミオ&ジュリエット、他

スタッフ賞
フランク・ワイルドホーン GOLD、他の音楽
松井るみ GOLD 眠れる雪獅子、他の美術

男優BEST10
1 井上芳雄
2 石丸幹二
3 山口祐郎
4 田代万里生
4 山崎育三郎
6 新納慎也
7 石井一孝
8 浦井健治
9 市村正親
女優BEST10
1 新妻聖子
2 大竹しのぶ
3 安蘭けい
4 笹本玲奈
5 樹里咲穂
6 一路真輝
6 音月桂
8 旺なつき
9 和音美桜
9 涼風真世

●作品選者
石井啓夫
岩波剛
大島幸久
小山内伸
川上博
木村隆
河野孝
小玉祥子
小藤田千栄子
阪清和
祐成秀樹
扇田昭彦
中村桂子
中村正子
萩尾瞳
林尚之
平松澄子
藤田洋
水落潔
みなもとごろう
森洋三
藪下哲司
横溝幸子
by newmusical | 2012-03-17 01:31 | 雑談 | Comments(0)

マンマ・ミーア! 京都

2012.3.11(日)13:02-15:46(休憩20’) 京都劇場 入り83%

久しぶりに京都へ、駅前に半旗が2つ目立ちました。東日本大震災一年、14:26 休憩中、心の中で黙祷。
出来は、いやあ。最高に素晴らしかったです。躍動しました。二階席がずいぶん混んでました。
ドナもソフィーも息がピッタリ。
d0071364_18194948.jpg

by newmusical | 2012-03-11 18:20 | マンマ・ミーア! | Comments(0)

大和悠河さん

d0071364_22264527.jpg

by newmusical | 2012-03-06 22:27 | 雑談 | Comments(0)

壁抜け男 2012 東京

2012.3.2(金)13:33-15:44(休憩20’) 劇団四季劇場「秋」 入り59%

明日が千穐楽(せんしゅうらく)、本日が前楽(まえらく)
強い小雨、少々寒い、行く道がどちらかといえば苦痛
6年ぶりということは、俳優さんはほとんどが初演、こういうケースは千穐楽に近づくほど、いいものになっていくのは当然だと思います。お客様は少なかったけど、さすがに素晴らしかった。ただ常に、石丸幹二さんなら・・という亡霊みたいなものがチラつくのは、オーラが強烈なものを発散されていたとしか思えない。それが華というものといえば、認めざるをえませんが。初演以来の新聞売り有賀さんに、輝きが見えないのはいったいどうしたことだろう?見ようによっては強烈な公務員批判が、ひしひし感じられた。ただ、元ナチスに荷担していた悪徳検事の罪については、それほど重犯罪に思えなくなってしまった自分がいるのも事実。
デュティユル:飯田洋輔 カテコの進行はもっと自信をもって仕切って欲しい 君が主役なんだから
イザベル:樋口麻美 裏声の美声、しかし、なんでもできる人
部長・刑務所長・検事:青木朗 部長は最高
八百屋・娼婦:佐和由梨 見事に老けたけど、体型が細いから肉布団でもつけて太っちょがいいと思うモリクミさんがいいな
デュブール医師・警官2・囚人・弁護士:寺田真実 俳優の西村雅彦さんにソックリ、でも疲れたおもしろい顔だしなかなかいい
B氏(公務員)・警官1・看守1・ファシスト:金本和起 うたもいいしすごくいい
C氏(公務員)・乞食・看守2・裁判長:川原信弘 うたもいいしすごくいい
画家:永井崇多宏 もうちょっと強烈さが歌に欲しいな
M嬢(公務員):戸田愛子 素顔もかわいい人、本作で吹っ切れたぞ、活き活きやっている感じ、これからが楽しみ
A夫人(公務員)・共産主義者:久居史子 一見、目立ちにくい、ソロを増やしてあげて欲しい
新聞売り:有賀光一
d0071364_2235087.jpg

by newmusical | 2012-03-02 22:41 | 四季 | Comments(0)