人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハムレット ミュージカル 2012 東京・大阪

2012.2.27(月)13:06-15:16(休憩20’)シアタードラマシティ 満員
1幕をしっかり見ようとしたんだけど、結局、2幕が抜群におもしろい。
ちょっと違う見方としては、照井さんと園田さんを追いました。まじめまじめ照井さん。圧倒的な園田ダンス。
村井さん、最悪。
シアタークリエが狭いながらもベストシアター。梅田は大きすぎるなあ


2012.2.17(金)14:04-16:14(休憩20’)シアタークリエ 満員
考えようによっては、これは、奇跡の作品かもしれないけれど、それは、俳優さんの演技が最高の演技かどうかにかかっているのだけれど・・・
なんとか、取っつきにくい、1幕を楽しめればあとは、作品の真髄をマスターできそうです。なかなか1回の鑑賞眼では、それは難しいのです。
このあと、大阪も見る予定



【東宝イントロダクションから】
ロック、
ジャズ、
ポップス、
極上のメロディに彩られた
シェイクスピアの華麗なる
復讐劇が今、幕を開ける!
シェイクスピア四大悲劇の1つ「ハムレット」は、古今東西さまざまな形で上演されてきた
世界で有名な作品である。
チェコの天才音楽家と言われるヤネック・レデツキーが脚本・作曲・作詞を担当。
ミュージシャンだからこそ産み出せる多様なジャンルの音楽との融合で、本国チェコで大ヒットを記録。
本公演はこれまでに作られてきた「ハムレット」達とは一線を画するミュージカル版『ハムレット』である。
チェコ、アメリカ、韓国に続き、待望の日本初演!!




原作:ウィリアム・シェイクスピア

Cast
ハムレット:井上芳雄
オフィーリア:昆 夏美
レアティーズ:伊礼彼方:どちらかと言うと絶叫型だけど素晴らしいのだ
ホレーショー:成河(ソンハ)
旅芸人/亡霊:阿部 裕
ポローニアス:山路和弘:こんなに歌えていいのだろうか
ガートルード:涼風真世:あいかわらず美しい
クローディアス:村井國夫

川口竜也
小西のりゆき
俵 和也
照井裕隆
岩﨑亜希子
木村晶子
園田弥生
平田愛咲

Band
ドラムス 髭白健
ギター 堤博明/橋本翔太
ベース 内田義範
キーボード 野口明生/大嵜慶子
マニピュレーター 甲斐光徳
東宝ミュージック 森岡孝夫/小林健樹
ダットミュージック 伊達克彦/松倉信弥

Staff
脚本・作曲・作詞:ヤネック・レデツキー
演出:栗山民也
翻訳・訳詞:小田島恒志
音楽監督:甲斐正人
美術:松井るみ
照明:服部 基
衣裳:前田文子
ヘアメイク:佐藤裕子(スタジオAD)
音響:山本浩一
歌唱指導:ちあきしん
ステージング・振付:田井中智子
アクション:渥美 博
稽古ピアノ:國井雅美・宇賀神典子
音楽制作:(株)ダットミュージック・東宝ミュージック(株)
韓国語翻訳:佐野良一
舞台監督:廣田 進
演出助手:鈴木ひがし
プロデューサー:岡本義次・服部優希

世界上演履歴
1999 ~ 2002 ・・チェコ、プラハ、Kalich Theatre
2002 ~ 2005 ・・スロバキア、ブラティスラバ、The New scene
2003 ・・・・・・アメリカ、ニューヨーク、Lambs Theatre
2004 ・・・・・・アメリカ、ニューヨーク、Abingdon Theatre
2005 ・・・・・・チェコ、プラハ、Kalich Theatre(アメリカ・バージョン・プレミア)
2007 ~ 2008 ・・アメリカ、ブロードウェイ
2007.10 ~11 ・・韓国、Universal Arts Center(シーズン1)
2008.2 ~ 4 ・・韓国、Theater Yong(シーズン2)
2008.8 ~ 2009.2 ・・韓国、Sookmyung Art Center(ワールド・バージョン)
2011.10 ~ 2011. 12 ・・韓国、Universal Arts Center


【東宝イントロダクションから】
ロック、ジャズ、ポップス、極上のメロディに彩られたシェイクスピアの華麗なる
復讐劇が今、幕を開ける!
シェイクスピア四大悲劇の1つ「ハムレット」は、古今東西さまざまな形で上演されてきた世界で有名な作品である。
チェコの天才音楽家と言われるヤネック・レデツキーが脚本・作曲・作詞を担当。
ミュージシャンだからこそ産み出せる多様なジャンルの音楽との融合で、本国チェコで大ヒットを記録。
本公演はこれまでに作られてきた「ハムレット」達とは一線を画するミュージカル版『ハムレット』である。
チェコ、アメリカ、韓国に続き、待望の日本初演!!

シアタークリエ 2/1-22
シアタードラマシティ 2/25-28
中日劇場 3/3-4

制作:東宝
d0071364_1128816.jpg

by newmusical | 2012-02-27 23:23 | 東宝 | Comments(0)

サウンド・オブ・ミュージック 大阪

2012.2.23(木)13:30-16:03(休憩15’)大阪四季劇場 入り95%1F

井上智恵さんが来られたということで、行ってきましたが、55Stepsのドレミとかは最高に良かったのに、このマリアは何か、しっくりこないのだ。なにがと、考えると、やはり前任者のかわいさが印象的で忘れられないようなんだろうという結論になった。
d0071364_2213293.jpg

by newmusical | 2012-02-23 22:13 | サウンド・オブ・ミュージック | Comments(0)

パルレ 2012 大阪

2012.2.18(土)17:06-20:05(休憩15’)サンケイホールブリーゼ 入り70%
本日大阪公演が大千穐楽でした。
特別カテコでは、司会パン社長、キャスト全員のコメント、皆さん何役? 一番の役ところは?

キャスト
ナヨン(Wキャスト)野呂佳代(昼)/木村花代(夜)@円満退団です。最後、大阪弁になった・・・
ソロンゴ(Tキャスト)松原剛志(夜)/野島直人(昼)/LEN
川島なお美@バスの運転手・・・
大鳥れい@宝塚の応援あり、TOPフェアリースタイル披露
安福 毅@
上田亜希子@
奈良坂潤紀@パンツ一枚でおばちゃんに張り倒されるシーン快感
三波豊和@今日は韓国のプロデューサーも見ていた、これから打ち上げだ~

スタッフ
演出 チュ・ミンジュ(女性)
音楽 ミン・チァンホン
プロデューサー イ・ジホ
美術 ヨ・シンドン
翻訳 柳茂王
上演台本・訳詞 保坂磨理子
共同演出 鈴木孝宏
通訳コーディネーター 李 美成
美術補 齋藤浩樹
ステージング・演出助手 真田慶子
歌唱指導 広瀬真弓
照明 塚本悟
音響 是安房雄
衣裳 大石若草子
ヘアメイク 篠田薫
宣伝美術 堀麻理
企画製作 ピュアーマリー

d0071364_23445135.jpg


テーマ曲
昨日の垢を洗い流し
今日の垢を叩き出し
しわくちゃな明日にアイロンをかけて
きれいになった明日を羽織る
洗濯物みたいに
風に揺れる日常
湿った心
乾かして
まっさらな明日へ踏み出そう

ソウルの中心街近く、大小の劇場が密集する韓国演劇のメッカ、大学路(テハンノ)で、2005年~ロングランを続ける「パルレ」。シンプルなストーリーに多様なジャンルの音楽が盛り込まれ、現代人の心をつかみ、韓国ミュージカル大賞をはじめ数々の賞を受賞し注目を集めている。砂漠のように干からびた現代社会の中で、風刺を込めながらも気楽に徹底的に楽しませ勇気づけてくれる韓国の小劇場系ミュージカルは、若いクリエイターのパワーがさく裂。今韓国ミュージカルが熱い!!

帰りに1Fで素敵なピアノ演奏(美女と野獣)生演奏をしていました、皆さん遭遇したかな?
by newmusical | 2012-02-18 23:45 | Comments(0)

パルレ  2012 東京

2012.2.10(金)13:30-16:10(休憩20’)三越劇場 入り70%
韓国オリジナルの日本製作版
素敵な作品。歌もなかなか良いので印象は良い。パルレとは洗濯。2幕後半からその意味が分かってくるのです。

以下は実は、某女優さんBLGにupして没にされてしまった(ホリプロ管理者は嫌いです)モノに加筆しました。
モンゴルから不法入国しているらしいソロンゴは、奈良坂潤紀さん扮する酔っ払い役に、
袋叩きにされるシーンがあります、先日、大阪でも似たような事件があったばかりで、ふと思い出した。決して、お世話になっている人には手を出さない無抵抗を貫いた事実が報道されました。ソロンゴもきっとそうだったのではないか。立派なことです。大阪の彼は命を落とすのですが、ソロンゴはケガだけでした。
また、おばちゃん(大鳥さん)には不幸な娘さんがいて、20年もの間、娘は隣の部屋で幽閉生活をしていますし、政府の調査員にむやみに当たり散らします。パン社長は粉飾をしていて、簡単に社員の首を入れ替えたりします。韓国の現実を垣間見せたりします。しかし、ミュージカルですから、そこには、安らぎであるホットコーナーが存在します。ミュージカルの救いはここにあります、これがミュージカルの真髄なのですね。ストレートプレイからいきなり、バス車内シーンとか、いきなり飲み屋になったり、ミュージックとダンスが始まります。これがあるから、パルレは救われるし、観客も潤いと感動が増します。劇団四季退団後の初舞台で木村さんもまずまずでしたね。大鳥さんが大阪弁でいい味をだしていますし、川島さんの明るさは救いでした。
d0071364_020247.jpg

by newmusical | 2012-02-18 22:20 | Comments(0)

エビータ 2012 東京

2012.2.16(木)18:35-20:45(休憩20’)自由劇場 入り97%
d0071364_2194027.jpg

by newmusical | 2012-02-17 21:10 | 四季 | Comments(0)

CHESS IN CONCERT 2012 大阪

2012.2.11(土)18:00-20:10(休憩20’)梅田芸術劇場メインホール 入り95%(1F)
スペシャル・トークショー20:20-20:45(安蘭、石井、浦井、中川、司会進行A)



・・続く・・・
by newmusical | 2012-02-12 00:02 | 東宝 | Comments(0)

カラミティ・ジェーン 2012 東京

2012.2.9(木)13:00-15:45(休憩20')ル・テアトル銀座97%
スペシャル全員トークショー15:50-16:10

4年ぶりの再演とかで、ボクは初演は食わず嫌いで、見られなかったのですが。系譜的には、江利チエミさんの生涯を描いたミュージカルがあったのですが、それに似ている感動作なのでした。

パンフレットはメイキングDVD付き(拳銃は売ってなかったと思う)
機会があれば梅芸も行きたい!
d0071364_045154.jpg



・・続く・・・・
by newmusical | 2012-02-10 06:15 | その他カンパニー | Comments(0)

壁抜け男 2012 東京

2012.2.1(水)13:35-15:48(休憩20’)劇団四季劇場「秋」 入り1階80%
もう忘れていますが、大阪で2回、東京で1回ぐらい見たような記憶がしますが、井料イザベルを1回見たはず?
なかなか、フランス・ミュージカルって一筋縄ではないのですね。登場人物の行く末も非常に入り組んでいて、ラストはおもちゃ箱のような入り口のようなところに密集して集約されて、がちゃんとクローズするのです。
48もナンバーがあることもすごいですが、なんといっても、ソンダンSpiritで壁抜け男のテーマがコーラスされていて、これが素晴らしかったのでそれが影響しているのか、この曲が頭を駆け回るのだ。
カテコで、その歌を、観客全員でコーラスするのですが、どうも、しっくりこないのは、なぜなんだろう。
関係者お披露目週間でしょうか、お見送りに光枝さん発見。
d0071364_20511871.jpg

by newmusical | 2012-02-01 21:10 | 四季 | Comments(0)