ソング&ダンス65 大阪

2018.7.18(水)13:30-15:50(休憩20') 大阪四季劇場 入り90%(1F)2F学生団体不明
キャスト変更



初七日が過ぎて正式報道されたようです(最近の傾向)。
ボクが、こうやって劇団四季を知ったのは、浅利さんのおかげです。心よりありがとうを安らかに。

d0071364_21595324.jpg



2018.7.4(水) 13:30-15:51(休憩20’)大阪四季劇場 入り98%(1F)、90%(2F)
キャスト変更あり
劇団四季の本田、西尾さん登場、がんばら登場
d0071364_01120442.jpg










2018.6.22(金)13:31-15:51(休憩20’)大阪四季劇場 入り1F99.5% 2F学生団体不明?
また行ってしまいました
キャスト変わらず
最高によかったです。引き締まった四季らしさでした。
d0071364_01005868.jpg
イザベルのソロ 危なかった・・・


アンコール曲ですが、プログラムには掲載されていません。
ソンダン・シリーズでは何回か披露されています。
アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲のミュージカル
「ウィッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜Whistle Down the Wind〜」

「天国の地下室」とは、たぶん、天国から見れば地上は下、地下室のイメージでしょうね。


(ピアノ演奏)
輝く未来の 扉を 今 開き 
何処かでも ゆこう
悲しみ 乗り越えて 
ああ 反りも 憎しみも
消え去るまで 願い続けよう 
のぞみ高く 
世界を ひとつに 
信じてゆこう

夢をみる 時代に 
一人 傷ついても
優しく見守る 誰かに出会えるさ 
くじけずに 歩こうよ 
涙ふいて 
答えはかならず 見つかるだろう


(省略)


大切にしよう
 自由な心を


これは、CATSのラストで歌われる「猫のごあいさつ」に似ていて、
舞台の神様のメッセージでもあります。だから、心に残るのです。






2018.6.17(日)13:00-15:20(休憩20’)大阪四季劇場 満員
大阪初日
招待客多数
劇団四季社長ほか


d0071364_02291640.jpg









続く・・・














[PR]
# by newmusical | 2018-07-18 22:29 | ソング&ダンス | Comments(0)

凱旋門、ガート・ボニート!!美しい猫のような男

2018.7.7(土)15:00-18:05(休憩30’) 宝塚大劇場 超満員
VISAカード友の会 貸切公演







続く・・・












[PR]
# by newmusical | 2018-07-07 23:35 | 宝塚歌劇 | Comments(0)

シークレット・ガーデン  秘密の花園

2018.6.20(水)13:00-15:45(休憩20’)シアタークリエ 満員

公演予定
2018.6.11-7.11 東京
7.14-7.16 厚木市文化会館大ホール
7.20-7.21 久留米シティープラザザグランドホール
7.24-7.25 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール







続く・・・








[PR]
# by newmusical | 2018-06-20 23:38 | 東宝 | Comments(0)

岸香織さん

2018.6.5(火)
岸しゃんの七回忌の報告





2016.6.27(月)
風さやかさんの、ラジオ関西放送に、録音出演していました。
「岸香織さんを偲ぶ会」(風さやかさん・八汐路まりさんほか)の模様も放送されました。岡田演出家のあいさつも。 <----真矢ミキさんのブログ







2015.6.5(金)
ご命日でした


毎日jp
 <----ここ ※削除されています

ウィキペディア <---- 岸さんの記事



(内容コピペ)
訃報:岸香織さん 73歳=元宝塚歌劇団男役

毎日新聞 2012年08月25日 大阪朝刊
 ◇宝塚歌劇の名脇役

 岸香織さん 73歳(きし・かおり<本名・岸本理恵子=きしもと・りえこ>元宝塚歌劇団男役)6月5日、死去。葬儀は親族で済ませた。

 大阪市出身。1959年、宝塚歌劇団入団。コメディーからシリアス物までこなす幅広い演技力で名脇役として活躍、女役も手がけた。代表作に「ノバ・ボサ・ノバ」のシスター・マーマなど。99年退団。文筆も巧みで68〜97年、雑誌「歌劇」にコラム「聞いて頂戴こんな話」を、また毎日新聞大阪本社版夕刊に「岸香織の妖精たちの舞台ウラ」を99〜02年にわたり連載。共に絶大な人気があった。著書に「虹色の記憶」「タカラヅカ 妖精たちの舞台ウラ」など。



2013.4.8(月)
風さやかさんのラジオ関西の番組に録音登場。岸さん。真やみきさんの話題が多い、お気に入りなんでしょうね。足腰が弱ってきて、杖ついているような発言でした。




2012.12.10(月)
今週の風さやかさんのラジオ関西の番組で、岸さんの声、番組への激励、ジェンヌへの感慨を述べられています。過去の録音レター。自分の状況を、ぐだぐだと表現している。おそらく、体調は悪かったと推測されます。




2012.10.22(月)
今週の風さやかさんのラジオ関西の番組で、岸さんの声、舞台録音が聴けました。



2012.9.2(日)
ラジオ関西 ビバタカラジェンヌ(DJ小山乃里子さん)で春日野八千代さんの訃報(新聞等で既報)。その後、岸香織さんの訃報も放送されました。OGコーナーへの出演依頼が連絡がとれずであったこと。逝去は6月だったこと。近親者のみで葬儀等は終わっていること。が判りました。




2012.7.30(月)
ラジオ関西の風さやかさんのラジオで、岸香織さん(73)の訃報が放送されました。最後の公演夜明けの序曲を風さんが歌い追憶されました。岸しゃんの軽妙洒脱なアイロニーを含んだおしゃべりは最高だったし、いろいろ、面白い内幕も聞くことができました。人間観察の確かさは、長年、歌劇誌に長期連載コラムに満載されていました。唯一、風さんのラジオ出演が不定期でしたが、一番のおもしろさで人気もあったのでした。
7・13に某掲示板に、一報が書かれています。
謹んで岸香織さまのご冥福をお祈り申し上げます。
d0071364_02105613.jpg




[PR]
# by newmusical | 2018-06-19 02:50 | 雑談 | Comments(0)

スペリング・ビー

2018.5.25(金)19:00-21:05(休憩15’) 六行会ホール 満員
星組公演










続く・・・














[PR]
# by newmusical | 2018-05-26 01:50 | ミュージカル座 | Comments(0)

ウーマン・オブ・ザ・イヤー

2018.5.24(木)13:00-16:02(休憩20’) シアタードラマシティー 入り97%
16:05-16:20 アフタートークショー








2018.5.19(土)17:00-18:05 シアタードラマシティー 入り98%
1幕のみ観劇







主催
 大阪:梅田芸術劇場
 東京:TBS、梅田芸術劇場




続く・・・


















[PR]
# by newmusical | 2018-05-24 23:38 | その他カンパニー | Comments(0)

シラノ ド・ベルジュラック

2018.5.18(金)13:30-16:35(休憩20’)日生劇場 満員
16:40-17:00 アフタートークショー







企画・製作 東宝・ホリプロ







続く・・・










[PR]
# by newmusical | 2018-05-19 00:28 | 東宝 | Comments(0)

ANOTHER WORLD  Killer Rouge

2018.5.15(火)18:00-19:34(休憩なし) 宝塚大劇場 満員
あいさつ 19:34-19:45
星組新人公演
「ANOTHER WORLD」16場   「KIller Rouge」は、本公演のみ 

天華あいさつ(2回目):あしたからの、本公演も何回でも死んだ気になってがんばります。本日はほんまにおおきに。

課題? 私には、発見できませんでした ちなみにあした(水)は休演日でしたW




2018.5.3(木)15:00-18:00(休憩30’) 宝塚大劇場 超満員
【憲法記念日】

Cast
第104期生口上全40名(日替わり)
 御剣 海(みつるぎ かい)
 珀斗 星来(はくと せいら)
 陽彩 風華(ひいろ ふう)

d0071364_17133426.jpg


特別出演 植田紳爾







staff
d0071364_17295151.jpg





落語「地獄八景亡者戯」「朝友」「死ぬなら今」ミュージカル
その他の世界とは、あの世とのこと。
縦横無尽な展開、江戸弁と大阪弁、旧阪急電車とリトル・ラインダンス歌もいつの間にか宝塚の愛唱歌を含みながら、エトワール歌唱があり、すばらしい落語の世界を宝塚に取り込んだ見事さ。
傑作登場でした。もう一度、見たいです。








続く・・・



















[PR]
# by newmusical | 2018-05-15 22:51 | 宝塚歌劇 | Comments(0)

リトル・ナイト・ミュージック

2018.4.27(金)13:30-16:04(休憩20’) 日生劇場 入り97%


「ピエロたちの喜劇」
 ピエロ(道化師)って、人を滑稽に演じる皮肉な存在、どこかしら自分の繁栄でもある。
明と暗の両方を演じてくれるのがピエロ。
デジレがフレデリックとの仲を歌う主題がここです。でも、もっと深く人生についても読み取る
ことができます。

バックに何回も流れているメロディーなので、自然に記憶されています。
昔、大阪の近鉄劇場で見たのですが、相当、難解でいつものミュージカルとは違った表現
なので忘れているのですが、このメロディーだけは、ふと思い出すのです。

デジレは涙を流しながら、歌います。
デジレ母はラストで突然、逝去します。デジレのモヤモヤが救われた思いを見届けたのでしょうか





2019.4.9(月)13:30-16:00(休憩20’) 日生劇場 入り96%

Judy Collins - Send In The Clowns










[PR]
# by newmusical | 2018-04-29 11:50 | 東宝 | Comments(0)

ダディーたちからの手紙

2018.4.25(火)
手紙がきましたW
しばらく、書き込みが・・・・
11本ほど溜まってしまった

d0071364_01165180.jpg



[PR]
# by newmusical | 2018-04-27 01:17 | 東宝 | Comments(0)

GEM CLUB

2018.4.4(水)14:00-16:30(休憩20’)シアタークリエ 入り95%







続く・・・







[PR]
# by newmusical | 2018-04-04 23:18 | 東宝 | Comments(0)

マディソン郡の橋

2018.4.1(日)13:30-16:05(休憩20’) シアタードラマシティー 満員
大千穐楽
16:05-16:30 全員の挨拶、抽選会







続く・・・










[PR]
# by newmusical | 2018-04-01 23:12 | 東宝 | Comments(0)

映画、ミュージカル、演劇  ベストテン 2017

キネマ旬報

<日本映画ベスト10>
1位 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
2位 『花筐/HANAGATAMI』
3位 『あゝ、荒野(前篇)(後編)』
4位 『幼な子われらに生まれ』
5位 『散歩する侵略者』
6位 『バンコクナイツ』
7位 『彼女の人生は間違いじゃない』
8位 『三度目の殺人』
9位 『彼女がその名を知らない鳥たち』
10位 『彼らが本気で編むときは、』

<外国映画ベスト10>
1位 『わたしは、ダニエル・ブレイク』
2位 『パターソン』
3位 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
4位 『ダンケルク』
5位 『立ち去った女』
6位 『沈黙-サイレンス-』
7位 『希望のかなた』
8位 『ドリーム』
9位 『ムーンライト』
10位 『ラ・ラ・ランド』

<日本監督賞>
大林宣彦

<外国監督賞>
ケン・ローチ

<脚本賞>
石井裕也

<男優賞>
菅田将暉

<女優賞>
蒼井優

<助演男優賞>
ヤン・イクチュン

<助演女優賞>
田中麗奈

<新人男優賞>
山田涼介

<新人女優賞>
石橋静河

--------------------------------------------------------------
TONY賞
【ミュージカル部門】
ミュージカル作品賞:『ディア・エヴァン・ハンセン』
ミュージカル・リバイバル作品賞:『ハロー・ドーリー!』
ミュージカル主演男優賞:ベン・プラット(『ディア・エヴァン・ハンセン』)
ミュージカル主演女優賞:ベット・ミドラー(『ハロー・ドーリー!』)
ミュージカル助演男優賞:ギャヴィン・クリール(『ハロー・ドーリー!』)
ミュージカル助演女優賞:レイチェル・ベイ・ジョーンズ(『ディア・エヴァン・ハンセン』)
ミュージカル演出賞:クリストファー・アシュリー(『カム・フロム・アウェイ』)
ミュージカル脚本賞:スティーヴン・レヴェンソン(『ディア・エヴァン・ハンセン』)
ミュージカル装置デザイン賞:ミミ・リエン(『ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』)
ミュージカル衣装デザイン賞:サント・ロカスト(『ハロー・ドーリー!』)
ミュージカル照明デザイン賞:ブラッドリー・キング(『ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』)

【演劇部門】
演劇作品賞:『オスロ』
演劇リバイバル作品賞:『ジトニー』
演劇主演男優賞:ケヴィン・クライン(『プレゼント・ラフター』)
演劇主演女優賞:ローリー・メトカーフ(『人形の家 パート2』)
演劇助演男優賞:マイケル・アロノフ(『オスロ』)
演劇助演女優賞:シンシア・ニクソン(『子狐たち』)
演劇演出賞:レベッカ・タイシュマン(『インディセント』)
演劇装置デザイン賞:ナイジェル・フック(『ザ・プレイ・ザット・ゴーズ・ロング』)
演劇衣装デザイン賞:ジェーン・グリーンウッド(『子狐たち』)
演劇照明デザイン賞:クリストファー・エイカーリンド(『インディセント』)

【ミュージカル・演劇 共通部門】
オリジナル楽曲賞:ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール(『ディア・エヴァン・ハンセン』)
振付賞:アンディ・ブランケンビューラー(『バンドスタンド』)
編曲賞:アレックス・ラカモア(『ディア・エヴァン・ハンセン』)

【事前発表】
功労賞:ジェームズ・アール・ジョーンズ
特別賞:ギャレス・フライ ピート・マルキン
地方劇場賞:ダラス・シアター・センター
イザベル・スティーヴンソン賞:バイヨーク・リー
名誉賞:ニーナ・ラナン アラン・ワッサー

--------------------------------------------------------------
月間ミュージカル誌
第1位 ビリー・エリオット~リトルダンサー~
    演出:S・ダルドリー@赤坂ACTシアター
    加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹 山城力
    吉田鋼太郎、益岡徹、柚希礼音、島田歌穂ほか


第2位 パレード
    演出:森新太郎@東京芸術劇場プレイハウス
    石丸幹二、堀内敬子ほか

第3位 All for One~ダルタニアンと太陽王~
    演出:小池修一郎@東京宝塚劇場
    珠城りょう、愛希れいかほか

第4位 ビューティフル
    演出:M・ブルーニ@帝国劇場
    水樹奈々、平原綾香、中川晃教、剣幸ほか

第5位 にんじん
    演出:栗山民也@新橋演舞場
    大竹しのぶ、中山優馬、秋山才加、真琴つばさほか

第6位 神々の土地~ロマノフたちの黄昏~
    演出:上田久美子@東京宝塚劇場
    朝夏まなと、怜美うららほか

第7位 グレート・ギャツビー
    演出:小池修一郎@日生劇場
    井上芳雄、夢咲ねねほか

第8位 紳士のための愛と殺人の手引き
    演出:寺崎秀臣@日生劇場
    市村正親、ウエンツ瑛士、シルビア・グラブほか

第9位 ビッグ・フィッシュ
    演出:白井晃@日生劇場
    川平慈英、浦井健治、霧矢大夢、赤根那奈ほか

第10位 キューティー・ブロンド
    演出:上田一豪@シアタークリエ
    神田沙也加、佐藤隆紀、樹里咲穂ほか

女優
1濱田
2大竹
3島田
4神田
平原
珠城
花總
早霧
北翔
鳳蘭





男優
1石丸
2市村
3井上
4ビリー役5人
5山本耕史
6川平、中川
8吉原
9田代
10加藤和樹、小池







[PR]
# by newmusical | 2018-03-08 01:04 | 雑談 | Comments(0)

キャッツ大阪2018  CATS

2018.3.2(金)13:30-15:59(休憩20’) 大阪四季劇場 満員


d0071364_21094548.jpg

[PR]
# by newmusical | 2018-03-02 21:13 | キャッツ | Comments(0)

三文オペラ

2018.1.26(金)14:00-17:00(休憩20’) KAAT神奈川芸術劇場 満員






続く・・・












[PR]
# by newmusical | 2018-03-02 21:01 | その他カンパニー | Comments(0)

マタハリ

2018.1.22(月)13:00-16:01(休憩25’) 梅田芸術劇場メイン 満員
トークショー 16:06-16:25






続く・・・










[PR]
# by newmusical | 2018-03-02 20:58 | 東宝 | Comments(0)

ブロードウェイと拳銃

2018.2.15(木)13:00-15:45(休憩25’) 日生劇場 満員







続く・・・










[PR]
# by newmusical | 2018-03-02 20:53 | 東宝 | Comments(0)

ファンホーム FUN HOME

2018.2.9(金)14:30-16:10(休憩なし) シアタークリエ 満員





続く・・・










[PR]
# by newmusical | 2018-03-02 20:49 | 東宝 | Comments(0)

ヘッズ・アップ!  HEADS UP!

2018.2.4(日)12:00-14:57(休憩20’) 大阪・新歌舞伎座 1-3F満員
再演
大阪公演最終日

公演日程
2017.12.14-12.17 KAAT神奈川芸術劇場ホール
2018.1.20(土)富山オーバード・ホール
2018.1.26-1.27 上田市交流文化芸術センター大ホール
2018.2.2-2.4 大阪新歌舞伎座
2018.2.15-2.16 刈谷市総合文化センターアイリス大ホール
2018.3.2-3.12 赤坂ACTシアター


3回目の鑑賞となりました。
ヘッズ・アップとは、気をつけろ! 注意喚起ですね。安全第一とか舞台安全ですね。
舞台演出部スタッフたちを描いた内幕ものです。
ミュージカルシーンは適当に、映画・劇団四季版等を織り交ぜながら、少しずつ洗練されたものに
なってきたようです。このところ、成長著しい、相葉さんが新人舞台監督として、ラストで舞台に向かって
最敬礼のおじぎをします。しかし、ボクの印象としては、同じでした、初演と同じでした。アンサンブルさんはかなり変わっているし、3年前ですから、ほとんど忘れていました。上の文章は、社交辞令かな。どちらかというと、ぎこちないできかな、わざと大根役者的に見せているのです。新鮮さを出すのは、なかなかのものですね。



Cast
劇場付雑用係 中川晃教
制作・退場時館内放送 青木さやか
俳優 今拓哉(老男優)、森内翔大、大竹浩一、大空ゆうひ(女優・元加賀美の妻)
舞台監督 哀川翔(ベテラン加賀美)、相葉裕樹(新人舞監新藤)
演出部 橋本じゅん(ベテラン久米)、池田純矢(バイト)、オレノグラフィティ、芋洗坂係長、新良エツ子(小道具)
演出助手 大和田美帆(声の出演)
演出家 河本章宏、演出助手 井上珠美
衣裳助手 外岡えりか
照明チーフ 陰山泰、照明助手 香月彩里(久米の妻)、谷須美子、小林佑里花
音響チーフ 岡田誠、音響助手 伊藤結花
トランボ運転手 福永吉洋




たぶん録音だと思いますが、
MUSICIAN
Cond./Kbds:中野裕子 
Trp.: 川上鉄平
Reeds:副田整歩 
Bass:一本茂樹
Drs./Perc.:萱谷亮一



スタッフ
脚本:倉持 裕
原案・作詞・演出:ラサール石井
作曲・音楽監督:玉麻尚一
振付:川崎悦子

美術:伊藤雅子
照明:大石真一郎
音響:本村実
衣裳:牧野iwao純子
ヘアメイク:宮内宏明
歌唱指導:亜久里夏代


企画製作:KAAT、石井光三オフィス

主催:新歌舞伎座(大阪公演)


d0071364_03474579.jpg





2015.11.28(土)17:00-19:54(休憩15’) 兵庫芸術文化センタ中ホール 入り1F満員 2F 85%

30年前、ここ黎明会館で公演があった。照明にトラブルが発生した電源のショートが原因で、火災が発生、観客席は真っ黒な煙に包まれた。舞台からは逃げ道は多数存在したが、観客席からの出口は不明であった。場内係りの熊川は見事に観客の避難誘導をし、全員を救出させた。しかし、本人は不幸にも犠牲となったのだ。
30年後、
冒頭、上手観客席から現れた、熊川は、ここは栃木県の黎明会館ですよと、強調する。








2015.11.22(日)13:05-16:05(休憩15’) KAAT 神奈川芸術劇場 満員
前楽・平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

公演スケジュール
2015.11.13-23 神奈川
2015.11.26-29 兵庫
12.3 札幌
12.13 岡山


Cast
哀川翔
相葉裕樹
橋本じゅん
青木さやか
入野自由
大空祐飛
中川晃教
今拓哉
芋洗坂係長
上原理生
MINAMI
井上珠美
岡田誠
川本昭彦
新良エツ子
陰山泰
青柳塁斗
遠藤瑠美子
香月彩里
嶌村緒里江
谷須美子
福永吉洋
渡部又吁










続く・・・













[PR]
# by newmusical | 2018-02-04 20:06 | その他カンパニー | Comments(0)

TENTH   テンス

2018.1.30(火)13:32-14:43 シアタークリエ 超満員
第3週B

1部 ガラコンサートのみ鑑賞 ダディロングレッグス、ロミジュリ他
( 2部 この森で、天使はバスを降りた The Spitfire Grill )


1部
Cast 井上、坂本、昆、白羽、高橋

ついに、全週全パターンのTENTHを見たことになります。
井上さんは、1部だけで帰らないように!
しかし、帰りました。昨日夜の部で「この森天使」見ましたので、ま、お許しを
井上、朝の9時からリハしてました。もう、へろへろになってきた
しかし、井上さんは、誰よりも本領発揮していました。いつもの調子。
次点は白羽さんかな。見事な場面が浮かんできました。巧い。
井上 あと2時間はおしゃべりできますW




2018.1.29(月)18:32-21:41(休憩20’) シアタークリエ 超満員
第3週
1部 この森で、天使はバスを降りた The Spitfire Grill
2部 ガラコンサート RENT、ザナドゥ 組 千秋楽

1部
Cast
坂本

土居
坂元
Spi
田中利花
平方元基

日本初演、見ているのですが、覚えていないです。そうだったのか
思い出しました。女性のためのドラマだよね。


2部
村井良太
ユナク
ジェニファー
加藤潤一
平間壮一
ソニン
渡部豪太
高垣彩陽
田中ロウマ
上木彩矢
東山光明
Spi
岡田亮輔
千葉直生


2018.1.14(日)12:35-15:23(休憩20’) シアタークリエ 超満員
2週目の初日

パート1 ダイジェスト公演 ニュー・ブレイン
cast
石丸幹二
マルシア
畠中洋
樹里咲穂
初風諄
赤坂泰彦
本間ひとし
伊礼彼方
中村百花
五大輝一

パート2 ガラコンサート
cast
石丸幹二
新妻聖子(にいずませいこ)
伊礼彼方(いれいかなた)
藤岡正明
田代万里生(たしろまりお)



2018.1.10(水)13:30-16:35(休憩20’) シアタークリエ 超満員
1週目の前々楽

パート1 ダイジェスト公演 ネクスト・トゥ・ノーマル
cast
安蘭けい
海宝直人
岡田浩睴
村川絵梨
村井良大(むらいりょうた)
新納慎也(にいろしんや)


パート2 ガラコンサート
cast
中川
中河内
海宝
Spi
武田
岡田
彩吹
新納

 ガラコンサート (gala concert)
何かを記念して企画され、特別な催しとして行われる演奏会。
日本語ではおおよそ「特別公演」「記念演奏会」「祝賀音楽会」といった意味合いである
ガラは、「祝祭」「公的なパーティー」を意味するフランス語)。
おもに年末年始や祝祭などに合わせて行われることが多い。


TENTHのナンバー抜粋 具体的には劇場出口(日比谷シャンテ)の壁に
本日のナンバーLISTが貼付けられます。

1月4日(木)~1月11日(木)
「ジャージー・ボーイズ」より、♪Can’t take my eyes off you
「ソングス・フォー・ア・ニュー・ワールド」より、♪ザ・ニュー・ワールド~新しい世界~
「ファースト・デート」より、♪物語はつづく
「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」より、♪Supper Time
「ブラッド・ブラザーズ」より、♪長い長い日曜日
「ウェディング・シンガー」 より、♪サタデー・ナイト・イン・ザ・シティ

1月14日(日)~1月21日(日)
「GOLD」より、♪愛の学習
「アンナ・カレーニナ」より、♪WE WERE DANCING
「ブラッド・ブラザーズ」より、♪長い長い日曜日
「トゥモロー・モーニング」より、♪愛し子
「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」より、♪Happiness
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」より、♪Fly,fly away
「シークレット・ガーデン」より、♪Lily's eyes

1月24日(水)~1月29日(月)
「RENT」より、♪Seasons of love
ジョナサン・ラーソン作曲♪Love Heals
「ZANNA 〜a musical fairy tale〜」より、♪Extra Love

1月30日(火)~1月31日(水)
「ダディ・ロング・レッグズ」より、♪幸せの秘密(reprise)




続く・・・











[PR]
# by newmusical | 2018-01-30 23:47 | 東宝 | Comments(0)

ポーの一族

2018.1.23(火)18:00-19:40(休憩なし) 宝塚大劇場 超満員
花組・新人公演
抜粋編

19:40-19:45 あいさつ
MC 矢吹世奈
エドガー役 聖乃あすか




 Cast
d0071364_22091006.jpg

1幕
 序 フランクフルト空港 1964.3 
1場A ポーの一族
 B ヘッセン家の居間
9場 ブラックプールH
10場A ロビー内クリニック前
 B ロビー
 C ロビー内ポーツネル家部屋
11場 セント・ウィンザー
12場 ホテルの部分
13場 クリフォードの診療所
14場 男爵の部屋&トワイライト家
15場 二つの魂

2幕
1場A 哀しみのパンパネラ
 B 婚約披露パーティー
 C ホテル片隅にて
2場 降霊術イベント
3場A セント・ウィンザー教室
 B 塔にて
4場 降霊会
5場 生きる道
6場 アランの苦悩(母の危篤)
7場 魂の絆
8場 ホテル ドレス・メーカー -> ロビー
9場A 海辺の道
 B 小屋
10場A ホテル
 B カスターの診療所
 C ホテル内
11場 アランの家
12場 時を超えて
13場A ヘッセン家居間
 B ギムナジウム
最終 フランクフルト空港


Staff
原作 - 萩尾望都
脚本・演出 - 小池修一郎
新人公演担当 田淵大輔





2018.1.18(木)15:00-18:00(休憩35’) 宝塚大劇場 超満員
花組新春公演
ミュージカル・ゴシック


公演日程
2018.1.1-2.5 宝塚大劇場
2018.2.16-3.25 東京宝塚劇場


評判は、なかなか良いので、なんとか、見ることができました。
通常は、お芝居1時間半、ショー1時間なのですが、今回は、お芝居2時間半、ショー15分ぐらいかな。
帰りに宝塚駅2Fの本屋に原作のセットがあったので買おうかなと迷いました。が、買わず。
プログラムも買ってなかった。

ポー一族というのは、吸血人間の集団でありまして、一般生物のような生体系(生老病死)ではありません。
従来の吸血鬼とは相当異なる種族でした。バンパネラと呼んでいます。
本来、鏡に自分の姿は映らないのですが、なにか術?を使うことで、映すことが可能です。
本来、不老不死でありますが、銀の銃弾を撃たれるか心臓に杭を打ち込まれることで、消滅してしまいます。
従来、夜しか生きられないはずですが、太陽の下でも平気です。空中を飛ぶ姿は見せませんが、ひょっとして飛べない?
しかし、その代わり、時空を自由に移動できてしまいます。もっとも、エドガーとトワイライトの2人だけに限定されているのかな。観客が見ている時空に限って、その範囲内で出現できるらしいのです。1700年代に出現していたが行方不明になって、1800年代に現れたという記録があるらしい。どういうテレポーテーション技術なんでしょう?
まだまだ、納得のできないバンパネラの生態を理解するのが、まず1歩です。
現代人たちも、バンパネラ対策は着実に進歩している模様です。ポー一族は既に消滅しているようですが、エドガーはすでに経験した過去には戻れないのかもしれません。なぜなら、現代にはバンパネラが活動できていないようです。
この宝塚の世界にて、生きていく環境が備わっているのでしょう。演出家は敏感に感じ取っているらしい。ただし、そんなことは言いませんが。

エドガー・アラン・ポーの名は知っています。

エドガー(少年A)
アラン(少年B)
ポー一族

どういう関係なんでしょうか?


必然性の追求、とりあえず、舞台化するためには、悲劇性が必要です。

エドガー
メリーベル
アラン

具体的丁寧に人物像が描かれていきます

音楽がうまく構成されていきます

セリ(舞台昇降)が、非常に危険、衣裳が挟まれるのがコワイ。







Cast
エドガー・ポーツネル  明日海りお
シーラ・ポーツネル男爵夫人 仙名彩世
アラン・トワイライト (金髪の美少年) 柚香光
大老ポー   一樹千尋
カスター先生 飛鳥裕
老ハンナ 高翔みず希
レイチェル 花野じゅりあ
フランク・ポーツネル男爵 瀬戸かずや
ジャン・クリフォード  鳳月杏
バイク・ブラウン / バイク・ブラウン4世 水美舞斗
メリーベル 華優希



Staff
原作 - 萩尾望都
脚本・演出 - 小池修一郎
作曲・編曲 - 太田健
編曲 - 青木朝子
音楽指揮 - 佐々田愛一郎
振付 - 若央りさ、桜木涼介、KAORIalive、鈴懸三由岐
擬闘 - 栗原直樹
装置 - 大橋泰弘
衣装 - 有村淳、加藤真美
照明 - 笠原俊幸
音響 - 大坪正仁
サウンドプログラマー - 上田秀夫
小道具 - 今岡美也子
映像 - 奥秀太郎
歌唱指導 - 飯田純子、やまぐちあきこ

舞台美術製作 - 株式会社宝塚舞台
演奏 - 宝塚歌劇オーケストラ

制作 井塲睦之
制作・著作 宝塚歌劇団
主催 阪急電鉄株式会社




YouTube <---ココ








続く・・・














[PR]
# by newmusical | 2018-01-24 22:36 | 宝塚歌劇 | Comments(0)

ポーの一族

2018.1.18(木)15:00-18:00(休憩35’) 宝塚大劇場 超満員
花組新春公演


公演日程
2018.1.1-2.5 宝塚大劇場
2018.2.16-3.25 東京宝塚劇場


評判は、なかなか良いので、なんとか、見ることができました。
通常は、お芝居1時間半、ショー1時間なのですが、今回は、お芝居2時間半、ショー15分ぐらいかな。
帰りに宝塚駅2Fの本屋に原作のセットがあったので買おうかなと迷いました。が、買わず。
プログラムも買ってなかった。

ポー一族というのは、吸血人間の集団でありまして、一般生物のような生体系(生老病死)ではありません。
従来の吸血鬼とは相当異なる種族でした。バンパネラと呼んでいます。
本来、鏡に自分の姿は映らないのですが、なにか術?を使うことで、映すことが可能です。
本来、不老不死でありますが、銀の銃弾を撃たれるか心臓に杭を打ち込まれることで、消滅してしまいます。
従来、夜しか生きられないはずですが、太陽の下でも平気です。空中を飛ぶ姿は見せませんが、ひょっとして飛べない?
しかし、その代わり、時空を自由に移動できてしまいます。もっとも、エドガーとトワイライトの2人だけに限定されているのかな。観客が見ている時空に限って、その範囲内で出現できるらしいのです。1700年代に出現していたが行方不明になって、1800年代に現れたという記録があるらしい。どういうテレポーテーション技術なんでしょう?
まだまだ、納得のできないバンパネラの生態を理解するのが、まず1歩です。
現代人たちも、バンパネラ対策は着実に進歩している模様です。ポー一族は既に消滅しているようですが、エドガーはすでに経験した過去には戻れないのかもしれません。なぜなら、現代にはバンパネラが活動できていないようです。
この宝塚の世界にて、生きていく環境が備わっているのでしょう。演出家は敏感に感じ取っているらしい。ただし、そんなことは言いませんが。

エドガー・アラン・ポーの名は知っています。

エドガー(少年A)
アラン(少年B)
ポー一族

どういう関係なんでしょうか?


必然性の追求、とりあえず、舞台化するためには、悲劇性が必要です。

エドガー
メリーベル
アラン

具体的丁寧に人物像が描かれていきます

音楽がうまく構成されていきます






Cast
エドガー・ポーツネル  明日海りお
シーラ・ポーツネル男爵夫人 仙名彩世
アラン・トワイライト (金髪の美少年) 柚香光
大老ポー   一樹千尋
カスター先生 飛鳥裕
老ハンナ 高翔みず希
レイチェル 花野じゅりあ
フランク・ポーツネル男爵 瀬戸かずや
ジャン・クリフォード  鳳月杏
バイク・ブラウン / バイク・ブラウン4世 水美舞斗
メリーベル 華優希



Staff
原作 - 萩尾望都
脚本・演出 - 小池修一郎
作曲・編曲 - 太田健
編曲 - 青木朝子
音楽指揮 - 佐々田愛一郎
振付 - 若央りさ、桜木涼介、KAORIalive、鈴懸三由岐
擬闘 - 栗原直樹
装置 - 大橋泰弘
衣装 - 有村淳、加藤真美
照明 - 笠原俊幸
音響 - 大坪正仁
サウンドプログラマー - 上田秀夫
小道具 - 今岡美也子
映像 - 奥秀太郎
歌唱指導 - 飯田純子、やまぐちあきこ

舞台美術製作 - 株式会社宝塚舞台
演奏 - 宝塚歌劇オーケストラ

制作 井塲睦之
制作・著作 宝塚歌劇団
主催 阪急電鉄株式会社







続く・・・














[PR]
# by newmusical | 2018-01-20 02:24 | 宝塚歌劇 | Comments(0)

屋根の上のヴァイオリン弾き  Fiddler on the Roof

2018.1.3(水)15:00-18:34(休憩25’) 梅田芸術劇場 満員
大阪初演
お年玉・紅白饅頭
カーテンコール、市村さんの挨拶









2017.12.6(水)13:00-16:25(休憩25’) 日生劇場 満員





続く・・・








[PR]
# by newmusical | 2018-01-04 23:21 | 東宝 | Comments(0)

全観賞履歴(作成中・・・

少しずつ記憶と資料・ネット情報を頼りに作成しています。

1991.12 バルセロナ物語(初演)  日生 東山紀之、牧瀬里穂
1996.7-8 回転木馬(初演帝劇>大阪)(東宝) 飛天 涼風、石川禅、市村
1997.4  アニーよ銃をとれ (再春館製薬) 新宿コマ  高橋由美子、石川禅
1997.12 レミゼラブル(私の初見) (東宝) 飛天 滝田栄、村井国夫、島田歌穂、岩崎宏美、早見優、石井一孝、岡幸二郎、斉藤、森
1997.12 42ND STREET(初演) (東宝) 日生 涼風真世、上月昇
1998.3 サウンド・オブ・ミュージック(初) (東宝) 日生 大地真央
1998.5 IRENE (東宝) 日生 大地真央、岡幸二郎
1998.7 王様と私 (東宝) 飛天 一路真輝、髙嶋政宏
1998.9 SUGAR シュガー (東宝) 日生  岡
1998.9-12 RENT (各社) ドラシ 山本耕史、宇都宮隆、浜口司
1998.11 シーラブスミー (東宝) 青山  涼風真世、市村
1999.2-3 カンパニー (東宝) ドラシ 山口祐一郎
1999.3 上を向いて歩こう (松竹) 新橋演舞場  中山雅
1999.4 ラ・カージュ・オ・フォール (東宝) 飛天  市村、岡田、
1999.4 42ND STREET (東宝) 日生 涼風、
1999.5 ローマの休日 (東宝) 中日  大地、山口
1999.5-8 レミゼラブル (東宝) 帝劇
1999.6-7 A Little Night Music (ホリプロ) 近鉄
1999.7-8 ペーパームーン (フジテレビ) ドラシ   沢田、前田
1999.8-10 ソング&ダンス(私の初見) (秋) 加藤敬二、坂田加奈子
1999.9-10 My Chair 私の居場所 近鉄小 劇団てん
1999.9-10 RENT (初)(各社) ドラシ  山本耕史、宇都宮隆、浜口司
1999.10 カルメン (初)(東宝) 青山劇場 大地真央、錦織一清、石井一孝
1999.10-12 ソング&ダンス (近鉄) 加藤敬二、坂田加奈子

2000.1 ライオンキング MBS 末次美沙緒、田中裕悟、濱田めぐみ
2000.5 ソング&ダンス 全国・守山 坂田、井上、荒川、柳瀬
2000.6 クレイジーフォーユー(私の初見) 福岡 加藤、濱田、末次、広瀬、鍋谷、朝比奈
2000.7 スルース(初) 近鉄  日下、下村
2000.8 李香欄(初) 近鉄
2000.9 コーラスライン(初) 近鉄
2000.10 壁抜け男 秋
2000.10 コーラスライン 近鉄
2000.10 夢から醒めた夢(初) 秋  保坂、木村、広瀬
2000.12 キャッツ(初) 新名古屋  
2000.12 雪ん子(初) 吹田  坂本里咲、田邊
2001.1 ソング&ダンス2オーバーザセンチュリー 秋
2001.2 ハムレット(初) 秋
2001.3-12 キャッツ MBS
2001.3 ジーザスクライススーパースター 秋
2001.4-6 ソング&ダンスオーバーザセンチュリー 秋
2001.7 ユタと不思議な仲間たち 全国・吹田  光枝、春原、芝、高城、下村、田邊、相川
2001.9 ソング&ダンスオーバーザセンチュリー 新名古屋
2001.8 はだかの王様 全国・加古川  松下、伊藤瞳、岡本、秋本
2001.9 ハムレット 近鉄 石丸、日下、広瀬、末次、野村
2001.10 オペラ座の怪人(私の初見) 広島 村、五東、柳瀬、半場、鍋谷

2001.10 異国の丘(初演)秋劇場
Staff
企画・演出・美術:浅利慶太
台本:浅利慶太、湯川裕光、羽鳥三実広
作曲:三木たかし、吉田 正、近衛文隆
作詞:浅利慶太、岩谷時子、荒木とよひさ、松田宏一、増田幸治、佐伯孝夫(補作詞)、越智登喜男
振付:加藤敬二
音楽監督:鎮守めぐみ
編曲:中川幸太郎、佐橋俊彦、山下康介、三木たかし
照明:紫藤正樹

Cast(オリジナル・初演)
九重秀隆:石丸幹二
宋愛玲:保坂知寿
吉田:中嶋徹
神田:深水彰彦
西澤:深見正博
大森:川原洋一郎
杉浦:宮川政洋
平井:有馬光貴
宋美齢:武木綿子
李花蓮:坂本里咲
劉玄:栗原英雄
宋子明:日下武史
蒋賢忠:青山祐士
九重菊麿:武藤寛
アグネス・フォーゲル夫人:末次美紗緒
クリストファー・ワトソン:広瀬明雄
メイ総領事:羽鳥三実広
ナターシャ:大平敦子
ほか

2002.1 オペラ座の怪人 京都








続く・・・
[PR]
# by newmusical | 2018-01-04 23:12 | 雑談 | Comments(0)

オペラ座の怪人  2018京都

2018.1.1(月)元旦  13:05-13:44(休憩20’) 京都劇場 超満員

新年、おめでとうございます。

元旦に、京都劇場行けるなんて、慶賀でございます。
カーテンコールが4、5回続きました。スタンディング有り。2階席まで満員でした。
周りでは、「良かった、良かった」と聞こえましたが、そうかなあ?
d0071364_23072306.jpg
クリスティーヌは完璧でしたが、ラウルが少し、がらがら声に聞こえました。全体の雰囲気が不満。
深見さんは久しぶりでしたが、歯が抜けたようなセリフ回しに聞こえた。

吉良さんが発見できなかったのと、高田さんが、マスカレードで例のあの役(私は星娘とよんでいる)素晴らしかった

帰宅したら、アルプ1月号が着ていました。来年・2019から会費が値上げされるらしい。アルプWEB版があったらしい。







続く・・




[PR]
# by newmusical | 2018-01-01 23:15 | 四季 | Comments(0)

Pukul  プクル

2017.12.25(月)13:30-16:09(休憩20’) シアタードラマシティ- 満員
大千穐楽
ラストは全員の挨拶・コメントがありました。
泣いてる人、うるうるしている人が多い





上演日程
2017.12.9-12.16 東京・日本青年館ホール
12.21-12.25 大阪・シアタードラマシチィー



ACT1
宇宙の鼓動
地球の鼓動
生命の鼓動

ACT2
人々の人生


こんなに素晴らしい世界が見られるなんて、3回ぐらいみればよかった。千穐楽1回のみの
観劇となりました。誕生の繰り返し、混沌とした宇宙の誕生>地球の誕生>そして人生ドラマ、を順次見ていきます。
私達は生まれてから学習してきたから、ある程度は理解できますが。人間には見えないシーンはやっぱり想像、妄想になってしまいます。おそらく、そこが人それぞれ分岐するところとなりますが、主たる中心には、愛があるというのが、演出家の追及しているテーマなんでしょう。







Cast
湖月わたる、水夏希、蘭乃はな、舞羽美海
坂元健児、大貫勇輔、島地保武、岡幸二郎
千田真司、神谷直樹、田極翼、舞城のどか、鶴美舞夕

Special Cast
姿月あさと(12/25)
春野寿美礼
彩吹真央

太鼓の男?




Staff
<構成・演出・振付> 謝珠栄
音楽 ACT1:玉麻尚一 ACT2:長谷川雅大
作詞  謝珠栄、小林夏海
振付 謝珠栄、KAORIalive、小原妙子、柳美羅、安延佳珠子、閻仲珩
美術 二村周作
照明 小川 修
音響 山本浩一
衣裳 西原梨恵
ヘアメイク 田中エミ
歌唱指導 やまぐちあきこ
音楽補 小澤時史
稽古ピアノ 太田裕子 田中幸美
振付助手 祐澄しゅん、Mami
映像演出 NAKED
録音コーディネイト 新音楽協会
演出助手 高野玲
舞台監督 浅沼宣夫
制作 荒川ちはる 西谷加奈子



企画・制作・主催  梅田芸術劇場

d0071364_01294257.jpg



続く・・・








[PR]
# by newmusical | 2017-12-26 02:00 | その他カンパニー | Comments(0)

THE BEST OF MUSICAL CONCERT 2017  ザベストオブミュージカルコンサート

2017.12.21(木)14:00-16:15(休憩15’)新国立劇場中劇場 入り1F満員 2F20%
昨年に引き続く第2弾

公演予定
2017.12.20-12.21



Cast
鈴木壮麻
福井晶一
木村花代
樋口麻美
小野田龍之介(ウエストサイド物語に出演したそうです*見たかも?)
家塚敦子
谷口あかり


バンド
不明


Staff 不明






パンフレットは売切れのようでした?
昼公演はないそうです?
そんな馬鹿な?
ということでデータ不足でした





act1
ジェリクルキャッツ
タガーつっぱりネコ
スキンブルシャンクス

>MC 全員

castは劇団四季の舞台には立った人ということでした




二人の世界

>MC

ジーザスクライシススーパースター
バットノットフォーミー
手をすり抜けて
マリア
もゆる思い
日は晃る

>MC

? できるわー  (ウイキッド)
? 空中に浮き上がるシーンで歌う (  〃  )

休憩 15’


act2
ホワイトクリスマス ~ ほか アカペラ

>MC

彼を帰して
主よ
ベトナム

>MC

トライアングル
星のさだめ
       (オペラ座の怪人)
       (   〃   )

>MC 全員

ONE

*オールスタンディングにて
マンマミーア
ダンシングクイーン   ラストに銀テープが観客席に降ってくる




主催 ホリプロ

d0071364_23494715.jpg
d0071364_23501866.jpg


d0071364_01040376.jpg





[PR]
# by newmusical | 2017-12-21 23:43 | その他カンパニー | Comments(0)

MEMPHIS  メンフィス

2017.12.14(木)14:00-16:37(休憩20’) 新国立劇場中劇場 満員
日本版再演


変に偏ることなく、日本は日本なりに、ブラッシュアップしています。
具体的には、フェリシア濱田を明るくしたことです。過去は過去として処理しましたということですね。
良かったですよ。
アンサンブルはほとんど変わりました。




Cast
山本耕史  ヒューイ・カルフーン
濱田めぐみ フェリシア・ファレル
ジェロ   デルレイ
米倉利紀   ゲーター
伊礼彼方  ボビー
栗原英雄  シモンズ
根岸季衣  グラディス

ICHI
風間由次郎
上條駿
当銀大輔
遠山裕介
富永雄翔
水野栄治
渡辺崇人
飯野めぐみ
岩崎ルリ子
ダンドイ舞莉花
増田朱紀
森加織
吉田理恵
(50音順)


BAND
前嶋康明
鎌田裕美子
中村康彦
伊東達哉
荒牧翔太
竹村直哉
大下和人
高荒海
榎本裕介




staff
脚本・作詞 ジョー・ディピエトロ
音楽・作詞 デヴィッド・ブライアン


日本版
翻訳・訳詞 吉川徹
演出・振付 ジェフリー・ページ
振付助手  ジョジュ・ジョンソン
音楽監督 前嶋康明
美術 伊藤雅子
照明 中西剛
音響 山本浩一
衣裳 大戸美貴
ヘアメイク 宮内宏明
歌唱指導 鎭守めぐみ





エグゼグティブ・プロデューサー 金森美禰子、田村智雄、森田太


主催 ホリプロ、スポニチ
公演 東京FM

企画制作 ホリプロ

d0071364_03160946.jpg






2015.2.9(月)14:05-16:40(休憩20’) 赤坂ACTシアター 満員

1回目気に入ったので2回目行きました。
後方席だったので、迫力がなかったし、アドリブ半減していて・・・
コーラスはよかったです。




2015.1.31(土)13:05-15:46(休憩20’) 赤坂ACTシアター 満員
日本初演


公演日程
2015.1.30-2.10 赤坂ACTシアター(東京)
2.20-2.22 キャナルシティ劇場(博多)

2010.トニー賞受賞
最優秀作品賞
最優秀ミュージカル脚本賞
最優秀作曲賞
最優秀編曲賞


-----------
感想を書くこと
-----------


メンフィス( Memphis)は、アメリカ合衆国テネシー州の西端にある都市。
州都ナッシュビルを上回る
同州最大の都市で、ミシシッピ川に面している。
市名はエジプトの古代都市にして都の一つでもあるメンフィスに因む。
19世紀に綿花の集散地として発展する一方で奴隷市が開かれた歴史を持ち、
今でも人口の約6割をアフリカ系アメリカ人が占める。
セントルイスと並ぶブルースの発祥地としても有名であり、
ミシシッピ川から突き出たマッド・アイランドは
母なるミシシッピ川とアメリカの歴史をモチーフとしたテーマパークになっている。

メンフィスはエルヴィス・プレスリーが両親と共に移り住んだ町である。
プレスリーの邸宅「グレイスランド」は一般公開されている。
また、チャック・ベリーが当地を歌った曲「メンフィス・テネシー」も有名である。
スタックス・レコードやハイ・レコード、ゴールドワックス・レコードなど、
60年代と70年代のソウル・ミュージック黄金時代を支えたレーベルがメンフィスを本拠地としていた。
メンフィスは、カントリーの殿堂であるナッシュビルとともに、テネシー州の音楽の一大発信基地となってきた。
また、セントルイスと並ぶブルースの発祥地としても有名であり、
音楽産業が盛んで、エルヴィス・プレスリー以外に
マディ・ウォーターズ、ロバート・ジョンソン、ウィリアム・ハンディ、B.B.キング、
ハウリン・ウルフ、アイザック・ヘイズ、ブッカー・T・ジョーンズ、アル・グリーンらを世に送り出してきた。
人気ロック・シンガーだった忌野清志郎と歌手の中島美嘉はここメンフィスの名誉市民である。


上記のウィキペディアを理解した上で、見てみると実に楽しめる。日本ではこういう対立構造がないため、
より身近には迫ってこない。知的には理解出来ます。イスラム国のテロが現実に突きつけられたこの日でした。
主人公のヒューイの生き方を、どう分かるか。日常的に、酒に酔って足がふらついているが、音楽と新しい感覚でもって、
乗り切ってしまう生き方。
山本耕史の最高傑作だと思いました。


ラジオ・スタジオでのDJ、そしてTVスタジオでの実況等々、映画的な動きが魅力的だった。
コーラス・ダンサー部隊の素晴らしさ、風変わりなフロア舞台の構成を味わってみると良い。
いつのまにか、ヒューイの飄々としたリズムに観客は乗せられて、反社会的事実なども、やわらかく
流れていってしまった。決して深刻な場面を引きずっていられないからだ。





Cast
山本耕史  ヒューイ・カルフーン
濱田めぐみ フェリシア・ファレル
ジェロ    デルレイ
JAY’ ED   ゲーター
吉原光夫  ボビー
原康義   シモンズ
根岸季衣  グラディス

石井雅登
大塚俊
さけもとあきら
高橋卓爾
遠山大輔
遠山裕介
原慎一郎
水野栄治
秋山エリサ
飯野めぐみ
今枝珠美
小島亜莉沙
増田朱紀
森加織
(50音順)


BAND
前嶋康明
鎌田裕美子
中村康彦
木村将之
荒牧翔太
今尾敏道
大下和人
高荒海
榎本裕介/太田垣正信


staff
脚本・作詞 ジョー・ディピエトロ
音楽・作詞 デヴィッド・ブライアン


日本版
翻訳・訳詞 吉川徹
演出 エド・イスカンダル
演出・振付 ジェフリー・ページ
音楽監督 前嶋康明
美術 伊藤雅子
照明 中西剛
音響 山本浩一

キャラクタープロデューサー 拓植伊左夫
コスチュームデザイン 北迫秀明
ヘアメイク 宮内宏明
歌唱指導 鎭守めぐみ


エグゼグティブ・プロデューサー 岩原貞雄、金森美禰子、村上正光


主催 TBS、ホリプロ、TOKYO FM











[PR]
# by newmusical | 2017-12-14 23:50 | その他カンパニー | Comments(0)

Xmas ハートフルコンサート Vol.6

2017.12.8(金)18:30-  (休憩10’)大丸心斎橋劇場(北館14F) 入り85%
公演日程 12/8-12/9

昨年に引き続き、来てしまいましたが、あまり変わり映えしませんでした。
そろそろ、飽きてきました。



宝田明
沢木順
森以鶴美

末谷満
山本靖子
拵井加代子

ダンスオブハーツ プロモーションカンパニー

ピアノ 石田美智代






続く・・・




----------------------
Xmas ハートフルコンサート Vol.5
----------------------
2016.12.2(金)19:00-21:30(休憩15’) 大丸心斎橋劇場(北館14F) 入り98%
公演日程 12/2-12/3

昨年に引き続き、やってきました。

Cast
宝田明(特別出演)1934.4.29生まれ
沢木順
伊藤えり
栫井(かこい)加代子
末谷満
山本靖子
杉江斉
西岡佑希子
小島明子
ダンスオブハーツ プロモーションカンパニー

ピアノ 石田美智代


プログラム



主催 オフィスサワキ



[PR]
# by newmusical | 2017-12-08 23:48 | その他カンパニー | Comments(0)

ダディー・ロング・レッグス  足ながおじさんより

2017.12.2(土)17:00-19:43(休憩20’) 兵庫県立芸術文化センタ(中ホール) 超満員(最後列に補助席が並ぶ)

ピアノ 林アキラ
ギター 会田敏樹
チェロ 松尾佳奈


この作品を考える場合、「赤毛のアン」と「アニー」が浮かんできます。日本語版には、今井さんとケアード(はげ頭)との関係、メロディーでは「レミゼラブル」が一瞬聞こえます。

ラストの「いつも」は懺悔と許しの感動シーン(愛し愛され)、今井=ジルーシャ、ケアード=スミス氏 に見えてきます

大千穐楽 名古屋、行きたくなってきますね。



2017.11.21(火)13:30-14:35(休憩20’)シアタークリエ 超満員(バルコニー含む)
1幕のみ観劇(別仕事あり途中まで)
平成29年芸術祭参加公演
今回公演をDVD化予定
再々演作品

公演予定
2017.11.1-11.24 東京
11.28-29 久留米シティブラザ ザ・グランドホール
12.1-3 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
12.16-17 中日劇場


なんと5年ぶりの観劇でした
井上さんは結婚もされたし、貫禄もでてきたってとこですね。
当意即妙、なんでもできそう。
坂本さんは、ひとめ見てかわいい美人に見える。人妻なのに。
坂本ジルが、変化して、台本なしのツッコミを入れてくれないかなあ、、兵庫

あっ!! 西宮から手紙が来てる!! とか・・・WWW

久留米公演、どうでしたかね?




2012.9.4(火)14:00-16:42(休憩20’) シアタークリエ 超満員(バルコニー含む)
カテコ井上さんの挨拶あり、東北地震で2千人もの不幸な子供たちがいるとのこと、、本日は2回公演

文字通り全編を通して、2人だけのミュージカルでした。バンドは6名いて舞台下手側の袖で演奏しています。
7段ぐらいの大型本棚がある書斎のセットは終始かわらず、照明はうす暗く統一されています。
本日はまだ3日目ということで、1Fに報道関係者窓口がありました
扇田さんとは2回目の遭遇でした。
舞台上に二つ育英募金箱がおかれまして、帰るお客様は募金できるような配慮ですが、お客様の流れを
無視してなんか変でした。

とにかく出ずっぱりだから、大変ですねー、往復書簡のやりとりを、距離別・時間別に二人で演じて進行していくのです。適当にメロディーがあり、歌で表現します。セリフも多い。本日現在、セリフを噛んだり、前後錯誤とか、かなり多い感じ。でも創造力でもって補完して十分にニュアンスをつかんでしまうお客様がいるのですね。それほど苦にならない程度だった。
坂本さんが新鮮だからかな、大阪の人なのかな標準語がすこし怪しい。(注 坂本さんは東京出身)
ボク自信、原作は知らないのですが、フレッドアステアの映画をたぶん、見てるとは思いますが記憶が不明、足ながおじさんとは育英資金をだしてくれている善意の人と認識しているので、過去に知っていたと思われます。


Cast
井上芳雄 ジャーヴィス・ペンドルトン
坂本真綾 ジルーシャ・アボット


Staff
脚本・演出 ジョン・ケアード
音楽・作詞・編曲 ポール・ゴードン
編曲 ブラッド・ハーク
翻訳・訳詞・通訳 今井麻緒子
美術・衣裳 ディヴィッド・ファーリー
音楽監督・歌唱指導 山口琇也
照明 中川隆一
音響 本間俊哉
ヘアメイク 宮内宏明
ピアノコンダクター 林アキラ


プロデューサー 小嶋麻倫子
協力 あしなが育英会

製作 東宝


公演パンフ 9/2発行版 ¥1,500


上演スケジュール
9/2-19 シアタークリエ
9/22 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場
9/26 iichiko総合文化センターiichikoグランシアタ(大分)
9/28-29 森ノ宮ピロティホール(大阪)
10/3 福岡市民会館



d0071364_16514844.jpg





続く・・・
[PR]
# by newmusical | 2017-12-03 07:18 | 東宝 | Comments(0)