屋根の上のヴァイオリン弾き  Fiddler on the Roof

2017.12.6(水)13:00-16:25(休憩25’) 日生劇場 満員





続く・・・








[PR]
# by newmusical | 2017-12-07 01:10 | 東宝 | Comments(0)

ダディー・ロング・レッグス  足ながおじさんより

2017.12.2(土)17:00-19:43(休憩20’) 兵庫県立芸術文化センタ(中ホール) 超満員(最後列に補助席が並ぶ)

ピアノ 林アキラ
ギター 会田敏樹
チェロ 松尾佳奈


この作品を考える場合、「赤毛のアン」と「アニー」が浮かんできます。日本語版には、今井さんとケアード(はげ頭)との関係、メロディーでは「レミゼラブル」が一瞬聞こえます。

ラストの「いつも」は懺悔と許しの感動シーン(愛し愛され)、今井=ジルーシャ、ケアード=スミス氏 に見えてきます

大千穐楽 名古屋、行きたくなってきますね。



2017.11.21(火)13:30-14:35(休憩20’)シアタークリエ 超満員(バルコニー含む)
1幕のみ観劇(別仕事あり途中まで)
平成29年芸術祭参加公演
今回公演をDVD化予定
再々演作品

公演予定
2017.11.1-11.24 東京
11.28-29 久留米シティブラザ ザ・グランドホール
12.1-3 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
12.16-17 中日劇場


なんと5年ぶりの観劇でした
井上さんは結婚もされたし、貫禄もでてきたってとこですね。
当意即妙、なんでもできそう。
坂本さんは、ひとめ見てかわいい美人に見える。人妻なのに。
坂本ジルが、変化して、台本なしのツッコミを入れてくれないかなあ、、兵庫

あっ!! 西宮から手紙が来てる!! とか・・・WWW

久留米公演、どうでしたかね?




2012.9.4(火)14:00-16:42(休憩20’) シアタークリエ 超満員(バルコニー含む)
カテコ井上さんの挨拶あり、東北地震で2千人もの不幸な子供たちがいるとのこと、、本日は2回公演

文字通り全編を通して、2人だけのミュージカルでした。バンドは6名いて舞台下手側の袖で演奏しています。
7段ぐらいの大型本棚がある書斎のセットは終始かわらず、照明はうす暗く統一されています。
本日はまだ3日目ということで、1Fに報道関係者窓口がありました
扇田さんとは2回目の遭遇でした。
舞台上に二つ育英募金箱がおかれまして、帰るお客様は募金できるような配慮ですが、お客様の流れを
無視してなんか変でした。

とにかく出ずっぱりだから、大変ですねー、往復書簡のやりとりを、距離別・時間別に二人で演じて進行していくのです。適当にメロディーがあり、歌で表現します。セリフも多い。本日現在、セリフを噛んだり、前後錯誤とか、かなり多い感じ。でも創造力でもって補完して十分にニュアンスをつかんでしまうお客様がいるのですね。それほど苦にならない程度だった。
坂本さんが新鮮だからかな、大阪の人なのかな標準語がすこし怪しい。(注 坂本さんは東京出身)
ボク自信、原作は知らないのですが、フレッドアステアの映画をたぶん、見てるとは思いますが記憶が不明、足ながおじさんとは育英資金をだしてくれている善意の人と認識しているので、過去に知っていたと思われます。


Cast
井上芳雄 ジャーヴィス・ペンドルトン
坂本真綾 ジルーシャ・アボット


Staff
脚本・演出 ジョン・ケアード
音楽・作詞・編曲 ポール・ゴードン
編曲 ブラッド・ハーク
翻訳・訳詞・通訳 今井麻緒子
美術・衣裳 ディヴィッド・ファーリー
音楽監督・歌唱指導 山口琇也
照明 中川隆一
音響 本間俊哉
ヘアメイク 宮内宏明
ピアノコンダクター 林アキラ


プロデューサー 小嶋麻倫子
協力 あしなが育英会

製作 東宝


公演パンフ 9/2発行版 ¥1,500


上演スケジュール
9/2-19 シアタークリエ
9/22 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場
9/26 iichiko総合文化センターiichikoグランシアタ(大分)
9/28-29 森ノ宮ピロティホール(大阪)
10/3 福岡市民会館



d0071364_16514844.jpg





続く・・・
[PR]
# by newmusical | 2017-12-03 07:18 | 東宝 | Comments(0)

逸翁コンサート寿ひずる

2017.11.25(土)17:00-18:44(休憩なし) マグノリアホール 超満員
初観劇ホールデビュー

ラジオ関西CRの風さやかパーソナリティーで、情報をキャッチしまして、行ってってきました
阪急電車・池田駅で降りて、20-30分です。タクシーがなかなか来ません。
帰りは歩くか、タクシーを呼ぶかですね。Map




続く・・・















[PR]
# by newmusical | 2017-11-29 20:10 | その他カンパニー | Comments(0)

SONG & DANCE 65  ソング&ダンス65

2017.11.22(水)13:30-15:52(20’) 自由劇場 満員御礼の看板あり

チケットが取れない!
全国廻ります!(四季) 追っかけする時代でもないし・・

とにかく、春劇場、秋劇場、その周辺は解体工事中(3月まで)
あの狭い道は危険です。
d0071364_19544918.jpg





cast見ても、これ誰? 状態。
パンフの加藤啓二さんが白いものが目立ち、浅利慶太*化してきたのがショックです。


キャッツは、新機軸でした 1stは白いドレスの女(以前は赤いドレス須田)下手通路をはける
のかと期待しましたが、あっさり没。
マンゴジェリーとランペルディーザも良かった
マキャビティー・マキャベティーは、あのペアどなたですか。いっぺんに好きになりましたが
誰だか分からず?




ラストは通路席を出口に退出していくのですが、てっきり、お見送りがあるのかと
勘違いしそうです





続く・・・





























[PR]
# by newmusical | 2017-11-29 19:55 | ソング&ダンス | Comments(0)

One Night Dream

2017.11.11(土)13:30-15:43(休憩20’) 東京国際フォーラムホールC 1F2F3F満員
追加公演

構成・演出・振付・出演 玉野和紀

スペシャル・ゲスト
川平慈英、シルビア・グラブ、東山義久、大貫勇輔、川島ケイジ
寺井尚子、龍真咲

演奏
羽毛田耕士(指揮)&スーパー・コラボ・ビッグバンド(16名)


Staff
照明 柏倉淳一
音響 SHOW-YA project
衣裳 マリアート、及川千春
ヘアメイク 米持冬花
演出助手 小川美也子


act1
A列車で行こう 玉野+マリアートダンサーたち
ルート66 川島?
ジャスト・ア・ジゴロ 川平
フライミートゥザムーン シルビア
レフト・アローン 
ナイトアンドデイ 龍
チークトゥチーク 川島+龍
ロックインリズム
ムーンライトセレナーデ
シングシングシング
オンザサニーサイドストリート 龍
ワットアワンダフルワールド
マイフェバリットシングズ 寺井(ヴァイオリン)
MC
  玉野あいさつ
  バンド紹介
  cast紹介
    川平 好きな食べ物は、ちんすこうです (沖縄名物お菓子)
    シルビア 好きな食べ物は、納豆です
    龍 好きな食べ物は、フカヒレです
    東山 好きな食べ物は、玉ねぎ以外です
    大貫 好きな食べ物は、カレーライスです
    川島 好きな食べ物は、納豆です (かぶった)
    玉野 好きな食べ物は、生姜(しょうが)焼きです
    
    羽毛田(指揮)いやあもう大変ですよ (わがままが多すぎ・・)

アイガットリズム



(休憩)


act2
ラグカッター
イットドントミーンアシング シルビアクラブ+マリアートダンサーたち
サテンドール
雨に唄えば 川平
モージス
グッドモーニング
ウィル
キャバレー
スペイン
殺しのシンフォニー
シリーゲーム
サドンリーセイモー
ミスターボージャングルス
マジックフレア

d0071364_00261876.jpg
先日、大阪でビリエリオットを見て、大貫さん。東山さんとのダンスバトルがありました。
荒々しさの東山さんに対して、大貫さんの美しさが対照的でした。観客にもよりますが、圧倒的に
大貫さんが勝っていたと感じました。バレエの美とそれを蹴散らかす新しさを目指しているのでしょう。
しかし、東山さん、何回か見てますが、いつも同じじゃないですか?

龍さんは、意外と期待外れでした。









主催 日本ポピュラー音楽協会

制作協力 マリアート、ホットスタッフ・プロモーション
主催 日本ポピュラー音楽協会




続く・・・
















[PR]
# by newmusical | 2017-11-11 22:04 | その他カンパニー | Comments(0)

アダムス・ファミリー

2017.11.7(火)14:05-16:50(休憩20’) KAAT神奈川芸術劇場 ホール 入り 1F満員 2F-3F 65%
日本再演

公演予定
横浜 2017.10.28-11.12
大阪・豊中 2017.11.18-19
富山・オーバード 2017.11.24-25


2列目に、どこかで見たような人、小此木さん??



Cast
アダムス家父ゴメス 橋本さとし
母モーティシア 壮一帆(そうかずほ)
ウェンディ長女 昆夏美(こんなつみ)
パグズリー長男 庄司ゆらの(実際は高校生らしい)
ラーチ執事(身長2mフランケンシュタイン似) 澤魁士(さわかいじ)
グランマ祖母 梅沢昌代
フェスター叔父(ノッペラ坊・月が恋人)歌は断然うまい 今井清隆
ルーカス(ボーイフレンド) 村井良太
アリス(ルーカス母) 樹里咲穂
マル(ルーカス父) 戸井勝海

アダムス家先祖幽霊
中本雅俊
小暮キヨタカ
照井裕隆
藤井凛太郎
新井俊一
柏木奈緒美
遠藤瑠美子
田口恵那
岡本華奈
熊澤沙穂


Staff
オリジナル台本 M・ブリックマン,リック・ハリス
作詞・作曲 アンドリュー・リッパ
原案 チャールズ・アダムス

日本版
翻訳 目黒条,白井晃
訳詞 森雪之丞
演出 白井晃
音楽監督 浅川寛行
美術 松井るみ
照明 高見和義
音響 松本哲志、佐藤日出夫
振付 振付稼業air:man
衣裳 前田文子
ヘアメイク 川端富生
映像 新生璃人、栗山聰之
歌唱指導 満田恵子


企画製作・主催 パルコ








2014.4.16(水)14:00-16:43(休憩15’) 青山劇場 入り80%
日本初演

上演予定
東京 2014.4.7-4.20
名古屋 4.26-27
横浜 5.4-5
大阪 5.10-11



たぶん過去に映画版は見たと思う
なぜならスキンヘッドのフェスターおじが、お月さんに恋をしているエピソードを知っていたから





Cast
橋本さとし
真琴つばさ
昆夏美
柳下大
菅原永二
澤魁士
玉沢威穏
友近
鷲尾真知子
今井清隆

中本雅俊
小暮キヨタカ
鎌田誠樹
遠山大輔
岡本悠紀
柏木ナオミ
三木麻衣子
遠藤瑠美子
可知寛子
七瀬りりこ








企画・製作 パルコ






続く・・・・




 
[PR]
# by newmusical | 2017-11-08 00:24 | その他カンパニー | Comments(0)

ビリー・エリオット   リトル・ダンサー

2017.10.28(土)12:00-15:05(休憩20’) 梅田芸術劇場 1F2F3F満員

3ヵ月ぶり、





2017.8.2(水)13:30-16:25(休憩20’) 赤坂ACTシアター 満員

公演日程
 2017.7.19-10.1 東京 赤坂ACT
 2017.10.15-11.4 大阪 梅芸メイン


子供たちのダンスがメインなので、長期公演、慣れ、疲れによる、弛み事故がコワイです。


TBS社長
 彼らの努力と成長の過程がビリーに重なって見えた時、劇場は間違いなく大きな拍手と涙に包まれることでしょう。是非、心の底から湧き上がる暖かな感動をご堪能ください。

梅芸社長
 世界のどの「ビリー・エリオット」にも負けない。
彼らの圧倒的なパフォーマンスを通じた素晴らしい舞台を、どうぞ存分にお楽しみください。

ホリプロ社長
 初めてこのミュージカルを観劇した日のことは忘れられません。子供達の圧倒的パフォーマンスはもちろん、この作品が大人にも子供にも、見る人すべてに、「一歩を踏み出す勇気」「生きる活力」を与えてくれる。笑いも涙もすべて網羅した、元気が出るミュージカルだったからだ。









Cast
ビリー・エリオット 加藤航世/木村咲哉(8/2)/前田晴翔(10/28)/未来和樹(成長に伴う休演)/山城力
ビリー父さん 吉田鋼太郎(10/28)/益岡徹(8/2)
バレエの先生ウィルキンソン 柚希礼音(8/2)/島田歌穂(10/28)
ビリーおばあちゃん 久野綾季子(8/2)/根岸季衣(10/28)
ビリー兄のトニー 藤岡正明(8/2)(10/28)/中河内雅貴 

ジョージ@組合幹部 小林正寛
オールダー・ビリー 栗山廉(8/2)(10/28)/大貫勇輔(炭鉱夫・警官ほか)


森山大輔
家塚敦子
大塚たかし@ボーカルキャプテン
加賀谷真聡
北村毅
佐々木誠 大金を寄付するスカブ(非組合人)ほか
高橋卓士
辰巳智秋 太っちょデイヴィ(レッスンピアノ)ほか
橋本好弘@タップ&アクロ&ファイトキャプテン
羽鳥翔太
原慎一郎
丸山泰右
横沢健司
木村晶子@ダンスキャプテン
小島亜莉沙
竹内晶美 上流っぽい母親ほか
三木麻衣子
秋山綾香
井上花菜
出口雅子

マイケル(ビリーの友) 古賀瑠/城野立樹(8/2)/持田唯颯/山口れん(10/28)

デビー(先生の娘) 香好(10/28)/佐々木琴花(8/2)/夏川あさひ



バレエ・ガールズ 2チーム制

・チーム・アッシントン(8/2)(10/28)
 小野梓、久保井まい子、近貞月乃、並木月渚、堀越友里愛

・チーム・ベッドリントン
 遠藤美緒・大久保妃織・佐々木佳音・高畠美野・新里藍那


トールボーイ
笹川幹太/小溝凪(10/28)/山城力(8/2) --->ビリー役へ転身

スモールボーイ
菊井凜人(10/28)/桜井宙(8/2)/岡野凜音



オーケストラ
指揮・キーボード1 太田裕子/村井一帆
キーボード2 長谷部美紗/岡田あかり
woodwind1 Bob Zung/上里稔
woodwind2 中ヒデヒト/土井徳浩
トランペット 高荒海/笠原日向
ホルン 石川善男/所村映李
ギター 佐藤誠/後藤秀人
ベース 山田章典/宮野和也
ドラムス 中沢剛/荒牧翔太




numbers
act1
M-1 星たちが見ている


M-6 手紙

M-8 怒りのダンス

act2
観客いじり
兄のトニーが下手から現れます。奇妙なコスチュ-ムで、
最前あたりをうろつきます
「好きでやってるんじゃねえ!!」
「カンパしてくれ!」
観客カンパします(募金の恰好だけでヨシです)

M-9
舞台上で、クリスマスパーティが始まります 
ミュージック♪ スタート
トニー 舞台へ
ビリー父 昔のフォークソングを歌う(上手くはないが味がある)


M-11 白鳥の湖 パ・ド・ドゥ   ※大規模スモークあり、フライングあり
ビリー少年と大人に成長したダンサービリーが、下と上で輪舞、感動的なシーンが表出


M-13 電気のように


M-16 手紙リプライズ
M-17 フィナーレ
ビリーが下手通路を走って行き、また戻ってくる
全員でオープニングのコーラスシーンに戻る

フィナーレ
カーテンコール





Staff
プロデューサー ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー
演出 スティ-ブン・ダルドリー
作曲 エルトン・ジョン
脚本・作詞 リー・ホール


翻訳 常田景子
訳詞 高橋亜子
振付補 前田清美
音楽監督補 鎮守めぐみ
歌唱指導 山川高風
照明補 大島祐夫
衣裳補 阿部朱美
ヘアメイク補 前田節子

方言指導 井上祐子
バレエ指導 坂本登喜彦
タップ指導 nana、Yuko
体操指導 水野一穂、古賀照生、猪俣敏

協力等

 

特別感謝  劇団四季 


主催
TBSテレビ
ホリプロ
梅田芸術劇場
WOWOW
MBS






続く・・・











































[PR]
# by newmusical | 2017-10-29 04:32 | その他カンパニー | Comments(0)

パジャマゲーム  The Pajama Game

2017.10.28(土)17:00-20:15(休憩20’)ドラマシティー 満員
大阪前楽、挨拶あり(北翔、社長さん、新納)、再カテコ(ミチコ!ミチコ!の声)北翔の締め




2017.10.19(木)13:00-15:40(休憩20’)ドラマシティー 満員
大阪初日、挨拶あり(北翔、新納)





続く・・・










[PR]
# by newmusical | 2017-10-29 04:19 | 東宝 | Comments(0)

I Love you,YOU'RE PERFECT,NOW CHANGE

2017.10.25(水)14:00-16:15(休憩15’) 日暮里 d-倉庫 入り90%
オフ・ブロードウェイ・ミュージカル

公演日程
2017.10.21-10.29 日暮里 d-倉庫


上演履歴
1996 オフ・ブロードウェイ
1999 ブロムリー・ロンドン
2005 ロンドン
2007 北京
2007 台北市
2011 メキシコシティ、オスロ,ノルウェー


日本版の公演履歴
2003(初演)I LOVE YOU 愛の果ては?
2004(再演)
2011 I LOVE YOU,YOU'RE PERFECT,NOW CHANGE
2014


原題 I LOVE YOU,YOU'RE PERFECT,NOW CHANGE
翻訳 愛してる、あなたは理想の人、さあ変わりなさい



ボクは2003-2004日本初演版をドラマシティーで見ています。ほとんど記憶にないですが、
川平慈英、絵麻緒ゆう、堀内敬子、戸井勝海 さんでした
たしか、ベッドが立てにあって、立って寝ているという感じだった。
ただ、ラストで葬式のシーン、老男女の結び付きのエピローグは今回も覚えていて、感動的でした。

いまだに、ナウ・チェンジ が何を言わんとしているのか、分からないのです?





Cast
木村花代(39) 結婚相談所の女史役で、変な声だして新たな面を見せました
麻田キョウヤ(43) 2014版にも出ています
安達星来(せいら)( )いろいろ表情が、なかなか魅力的でした
今村洋一(32)
今井瑞(みずほ)(30)
池田海人(かいと)(28)

演奏
キーボード 半田彬倫(あきのり)/長濱司
ヴァイオリン 原田百恵実(もえみ)


Staff
オリジナル
脚本・作詞 ジョー・ディピエトロ
作曲 ジミー・ロバーツ

日本版
翻訳 常田景子
訳詞 寺崎秀臣

演出 藤倉梓
振付 原田美穂
美術 松澤貴代
照明 郡大輔
映像 神林裕介
衣裳 佐久間のぞみ

マジック指導 日向大祐

版権コーディネート 東宝ミュージック

制作 今野亜希
プロデューサー 由佐憲靖

企画・製作 Score







続く・・・

















[PR]
# by newmusical | 2017-10-27 03:28 | その他カンパニー | Comments(0)

レディーベス  Lady Bess

2017.10.20(金)13:00-16:08(休憩20’) 帝国劇場 満員(一部学生団体あり)
再演公演

2014年 帝国劇場で初演



公演日程
2017.10.8-11.18 東京・帝国劇場
2017.11.28-12.10 大阪・梅田芸術劇場メイン



カトリック キリスト教の伝統的な教派。 バチカンのローマ法王を中心に、世界中に教会ネットワークをもっている世界最大の宗教組織 信者は約10・5億人。


プロテスタント ローマ法王に従わない、自由に聖書を解釈するキリスト教の宗派で、何十、何百もの宗派があると言われている。






Cast
ベス レディ・エリザベス(W) 花總まり/平野綾(10/20)
メアリーチューダー英国女王ベスの異母姉(W) 未来優希/吉沢梨絵(10/20)
ベス母・幽霊アンブーリン 和音美桜
ルナール・スペイン太子 吉野圭吾
ガーディナー女王側最高司法長官 石川禅
ベス教育係アシュリー 涼風真世
ベス家庭教師アスカム 山口祐一郎

フェリペ(スペイン皇太子)(W) 平方元基/古川雄大
ロビン吟遊詩人(W) 山崎育三郎/加藤和樹


ロンドン塔長官ヘンリーほか大谷美智浩
ワイアット乱首謀者ワイアットほか中山昇

ロビン友スイフト加藤潤一
ロビン友トター寺元健一郎
ロビン友リンガー石川新太

サセックス伯爵ほか朝隈濯朗
僧侶ほか石川剛
榎本成志
奥山寛
川口大地
道化ほか黒沼亮
後藤晋彦
ヘンリー八世ほか杉山有大
ベス財務官ほか武内耕
道化ほか田中秀哉
福永悠二
ベスの御者ほか港幸樹
司祭ほか山名孝幸
首切役人 Christopher(クリストファー)

メアリー母ほか秋園美緒
街の女ほか池谷祐子
フェリペ愛人ほか石原絵理
樺島麻美
島田彩
真記子
安岡千夏
ヴァイオリン弾きほか山田裕美子
吉田萌美

子役
リトルベス(w) 斉藤栄万/山田樺音(10/20)
リトルメアリー(w) 石倉雫/桑原愛佳(10/20)

Staff
脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲 シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞・修辞 小池修一郎
翻訳 薛珠麗
音楽監督 甲斐正人
振付 桜木涼介
歌唱指導 山口正義・やまぐちあきこ
美術 二村周作
照明 笠原俊幸
音響 山本浩一
映像 奥秀太郎
衣裳 生澤美子
ヘアメイク 富岡克之
指揮 上垣聡
オーケストラ 東宝ミュージック・ダット・ミュージック
稽古ピアノ 中條純子・宇賀神典子・宇賀村直佳

演出助手 小川美也子・末永陽一
舞台監督 廣田進
プロダクション・コーディネーター 小熊節子
プロデューサー 岡本義次・服部優希・篠﨑勇己

ウィッグ協力 アデランス


製作 東宝










[PR]
# by newmusical | 2017-10-21 16:26 | 東宝 | Comments(0)

NHK大河 斉藤由貴代役に南野陽子

2017.10.18(水)asahi.comから

来年のNHK大河ドラマ『西郷どん』を不倫問題で降板した女優・斉藤由貴(51)の代役として
南野陽子(50)の出演が18日、発表された。南野は1988年の『武田信玄』以来30年ぶりの大河ドラマ出演を果たす。


【個別写真】二階堂ふみ、藤木直人ら新たな出演者

 俳優・鈴木亮平演じる西郷隆盛を主人公に幕末の激動を描く同ドラマ。南野が役を務める幾島は、島津斉彬の命を受け将軍家に嫁ぐ於一(篤姫)の女中頭(教育係)として大いに奮闘する人物。幕府の情報を薩摩藩へ伝える役割を担い、西郷と密に連絡を取り合う。篤姫と西郷の淡い恋の狭間で大きな役割を果たし、お互い異文化で育った西郷と幾島の丁々発止も見所となる。

 斉藤は9月11日、所属事務所を通じたFAXで50代の男性医師との不倫関係を認めた。同21日、NHKが斉藤の大河ドラマ出演について事務所側から辞退の申し出があったことを発表していた。


[PR]
# by newmusical | 2017-10-19 08:36 | 雑談 | Comments(0)

樋口麻美さんのこと

2017.10.13(金) twitterから

14時間14時間前

✨情報解禁✨『THE BEST OF MUSICAL CONCERT 2017』12月20日(水)19時開

演12年21日(木)14時開演、18時開演 新国立劇場 中劇場鈴木壮麻・福井晶一・木村花代・樋口麻美〜小野田龍之介・家塚敦子・谷口あかりチケット詳細は後程💕





2017.6.10(土)
木村花代さんのブログに登場 <---ココ






2017.2.7(火)


沼尾みゆきオフィシャル Twitter に登場されました。
当然、本人の了解があったのでしょう!
沼尾オフシャルTwitter <-- ここ

AND  


ゲスト出演するらしいです 2/14バレンタイン・デー


最新の樋口麻美さん奇跡の登場 <----ここ!!!




2ちゃんねるから
355 :
2017/01/26(木) 01:53:50.13 ID:aA1j7kRh
李涛のライブ、樋口さん出るってブログ更新された夜は残席○だったからすぐ予約したけど、翌朝サイト見たら完売してた。
樋口さんSNSもやってないし、2年ぶりとかだよね公の場。
調子の良し悪しの波はあったし、めぐの二番手感でアンチも多かったけど、自分はすごく樋口さんの陽な感じが好きだったから本当に楽しみ。
357 :
2017/01/26(木) 11:36:59.47 ID:0xT9fe0j
>>355
誰のSNSか忘れたけど、ママさんの集いで樋口さんが小さいお子さん抱いて幸せそうにしてたのが印象的だった
子育ても少しひと段落したのかな。ライブ行けないけど感想が楽しみだ








2016.6.11(土)
あいかわらず、寝強い人気なんですねー このHPでいつも視聴率上位になっています。
顔を忘れないように、Yahooの画像でも見てください <---- ココ





2016.3.25(金)

2016年、今年に入って3か月、今だに情報はありません

今のところ、これぐらいです。しかし、なんらかの痕跡が出てくるはず。何もでてこない?
199名無しさん@花束いっぱい:2015/06/26(金) 01:39:16 ID:QFc0mweQ0
本当かどうかしらないけど、岡本瑞恵さんの友人だという人に、樋口さんは退団はされておらず、青山さんや味方さんのように、指導者側にまわったってききました



別館  ※消えました!
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/music/25997/1296286918/
 


2015.9.11(金)

劇団四季の俳優、樋口麻美さんのことですが、消息がどうも、不明です。
こんなに、長い間、四季のどこにも出てこない。

結婚説、退団説、病気説、死亡説

どうしているんだろう



[PR]
# by newmusical | 2017-10-13 00:23 | 四季 | Comments(0)

ソング&ダンス 65  2017

2017.10.5(木)初日情報

劇団四季HPより

自由劇場にて(浜松町)

公演日程 2017.10.5-11.26
全国公演あり 2018.春から



一部動画あり <---ここ



今週のキャスト情報(2017/10/05 更新)
【男性】
瀧山久志、島村幸大、飯田洋輔、斎藤洋一郎、笠松哲朗
西尾健治、永野亮比己、櫻木数馬、鈴木伶央、高橋伊久磨
河津修一

【女性】
三平果歩、江畑晶慧、久保佳那子、多田毬奈、相原 茜
金 友美、小島光葉、伊藤瑛里子、坂本すみれ、宮澤聖礼
相馬杏奈


スタッフ
構成・演出・振付  加藤敬二(55)
装置デザイン  日下部 豊
照明デザイン  紫藤正樹
映像デザイン  日下部 豊、鷲谷春奈
衣裳デザイン  大栗未来
振付  脇坂真人(52)、松島勇気(39)、永野亮比己
音楽監督  浪江暢子
アレンジャー  宮崎 誠(36)
フラメンコ構成・振付  多田毬奈
フラメンコ助手  櫻木数馬
マリンバ指導・アレンジ  平松浩一郎
カホン指導・アレンジ  容昌—ようすけ—
バトン協力  河津修一




ACT1
「サムホエア」 (『ウェストサイド物語』より)
「ヴァリエーション23」 (『ソング・アンド・ダンス』より)
「精たちの登場」 (『青い鳥』より)
「愛した日々に悔いはない」 (『コーラスライン』より)
「グリーン・ゲイブルズのアン」 (『赤毛のアン』より)
「彼はお前のなかに生きている」 (『ライオンキング』より)
「何かがやってくる」 (『ウェストサイド物語』より)
「アメリカ」 (『ウェストサイド物語』より)
「パリのアメリカ人」 (『パリのアメリカ人』より)
「パリ野郎」
「口笛バレエ」 (『壁抜け男』より)
「イザベルのソロ」 (『壁抜け男』より)
「恋するデュティユル」 (『壁抜け男』より)
「ラブ・チェンジズ・エブリシング」 (『アスペクツ オブ ラブ』より)
「自由を求めて」 (『ウィキッド』より)
「フラメンコ」
「オーヴァーチュア」 (『アンデルセン』より)
「僕はハンス・クリスチャン・アンデルセン」 (『アンデルセン』より)
「みにくいアヒルの子」 (『アンデルセン』より)
「海の上の世界」 (『リトルマーメイド』より)
「深海の秘密」 (『リトルマーメイド』より)
「パート・オブ・ユア・ワールド(リプライズ)」 (『リトルマーメイド』より)

「『クレイジー・フォー・ユー』メドレー」
(I Got Rhythm / Girls Enter Nevada / I Can't Be Bothered Now /
What Causes That? / Naughty Baby /  Stiff Upper Lip) (『クレイジー・フォー・ユー』より)」


ACT2
「星に願いを」 (『ピノキオ』より)
「理想の相棒―フレンド ライク ミー」 (『アラジン』より)
「行こうよ どこまでも」 (『アラジン』より)
「リフレクション」 (『ムーラン』より)
「誰にでも夢はある」 (『塔の上のラプンツェル』より)
「変わりものベル」 (『美女と野獣』より)
「オーリム(いつか)/ノートルダムの鐘」 (『ノートルダムの鐘』より)
「陽ざしの中へ」 (『ノートルダムの鐘』より)
「いつか」 (『ノートルダムの鐘』より)
「レクエイム/こいつはサーカス」 (『エビータ』より)
「星降る今宵に」 (『エビータ』より)
「エビータとチェのワルツ」 (『エビータ』より)

「『キャッツ』メドレー」
(ジェリクルソング/ メモリー/  マンゴジェリーとランペルティーザ~小泥棒/ マキャヴィティ~犯罪王/ ミストフェリーズ~マジック猫)」 (『キャッツ』より)
「オペラ座の怪人」 (『オペラ座の怪人』より)

「サークル・オブ・ライフ」 (『ライオンキング』より)



後援 JR東日本
主催 劇団四季










[PR]
# by newmusical | 2017-10-06 01:41 | ソング&ダンス | Comments(0)

ベルリン、わが愛 / ブーケドタカラズカ

2017.9.29(金)15:02-16:40 休憩30’ 17:10-18:13  大劇場 超満員
初日あいさつあり




開幕が少し遅れるのは、理由があります

紅テオは、MCに甘んじていて、主役らしくないな
ジル綺咲が、一心に悲劇のヒロインになっていて、あまりテオの役目が見えてこないな






続く・・・









[PR]
# by newmusical | 2017-09-30 01:42 | 宝塚歌劇 | Comments(0)

キャッツ 2017大阪

2017.9.28(木)13:30-16:02(休憩20’) 大阪四季劇場 満員
d0071364_01244264.jpg


2017.7.30(日)13:03-15:30(休憩20’) 大阪四季劇場 満員

サマーシーズン突入のCATSです。
真瀬ジェリロ・グリOKでした
d0071364_21441498.jpg




2017.7.1(土)13:05-15:30(休憩20’) 大阪四季劇場 満員

今日から7月、蒸し暑いです、ハービスエント上から見ると、大阪駅北西部は広い土地がありますねー
半年ぶりのキャッツです。

d0071364_18351319.jpg
グリザベラは江畑さん、猫メイクはかわいい系、歌唱は型にはまっていました。もっと自分に厳しく、涙を流すほどの熱演を期待します。まあ、そこそこの、レベルだけど。
飯田デュト最後の歌は満点でした。
奥平グリドル満点ですが、舞台で見せる表情がそろそろ出尽くした感はあります。
ランベル馬場、猫メイクが目立つ、好きなタイプなんですー
マンカスト荻原、言うこと無し、たまには失敗して欲しい飛んだ空き缶を落とすとか・・
タガー大嶺、すごく良かった
連れ去り女性、もうちょっと足上がんないの、それでも四季ファンなの?(観客に求めるなって、しかし、たまには驚異的なダンスできる素人が見たいな)
ミスト松出、すばらしい動き、言うこと無し、(ボクが社長なら給料100%上げます 松出の親戚ではありませんよ)

今日の幕間休憩も楽しかったし、カテコも特別楽しかったです!
あれなら、みんな満足ですね!





2017.2.17(金)13:33-16:03(休憩20’) 大阪四季劇場 満員

時間があったので、見てきました。2月は興業界は不況とか、大阪は朝から雨です、午後から止んできましたが
暖かいという情報でしたが、はて?
さて、久しぶりの四季でした。
グリザは、早水さん見逃しました。木村グリザでした、おお素晴らしい、ラストの「メモリー」最高でした。
萩原マンカストラップ、うまいな、誰なんだろう 今、気が付きました。
ミストとギルは非常に小柄な役者さんですね。

d0071364_01245408.jpg


[PR]
# by newmusical | 2017-09-30 01:27 | キャッツ | Comments(0)

レミゼラブル  2017

2017.9.14(木)18:00-21:15(休憩30’)フェスティバルホール 超満員
大阪公演前楽

ラストで今回最後の出演者があいさつ



続く・・・









2017.9.3(日)17:00-20:13(休憩30’) フェスティバルホール 満員
日本公演30周年


帝劇公演の記念公演(満員御礼)でチケットを忘れてしまいました。
座席番号も記憶になし、最悪、当然入場できませんでした。終り。





Cast
バルジャン 吉原光夫
ジャベール 岸祐二
ファンティーヌ 和音美桜
エポニーヌ 松原凛子
コゼット 小南満佑子
マリウス 海宝直人
テナルディエ 駒田一
マダム・テナルディエ 谷口ゆうな
アンジョルラス 上原理生

司教 中西勝之
工場長 伊藤俊彦
バマタボア 溝渕俊介
グランテール 丹宗立峰
フィイ 金子大介
コンブフェール 鎌田誠樹
クールフェラック 今井学
ジョリ 川島大典
プルベール 立祟なおと
レーグル/アーミーオフィサー 深堀景介
バベ 町田慎之介
ブリジョン 松村曜生
クラクスー 石飛幸治
モンパルナス 大津裕哉


女優さん






指揮 若林裕治
副  森亮平
オケ 東宝ミュージック、新音楽協会






Staff
<日本プロダクション>
演出補 エイドリアン・サープル
音楽補 ニック・グレイ
振付補 リアム・マックルウェイン
照明補 サイモン・シェリフ
ミュージカル・スーパーヴァイザー アルフォンゾ・カサド・トリゴ、山口琇也(ひでや)






プロデューサー 田口豪孝、坂本義和

主催 関西テレビ放送、梅田芸術劇場、フェスティバルホール、サンライズプロモーション大阪
協力 読売新聞
製作 東宝






続く・・・




 









[PR]
# by newmusical | 2017-09-30 01:11 | 東宝 | Comments(0)

一人芝居ミュージカル短編集vol.3

2017.9.11(月)15:00-16:45(休憩なし) 新井薬師Special Colors   超満員

公演日程  2017.9.2-9.12 東京

1幕もの

1場 オープニング(伊藤、SF) 15:00-15:05

2場 「嵐に咲く白薔薇」  15:05-15:35
 題材:春日野八千代
 主演:脇領真央
 脚本:日下諭

3場 「龍馬のコレ」  15:40-16:10
  題材:楢崎龍
  主演:飯野めぐみ
  脚本:池田テツヒロ

4場 特別公演  16:10-16:40
 「In The Beginning」
 題材:Mother Teresa
 主演:Shino Frances
 脚本:西森英行

5場 あいさつ (伊藤、脇領、飯野、SF) 16:40-16:45
各自あいさつ
    花束贈呈 伊藤->脇領、SF



演奏
 伊藤靖浩(ピアノ) 
 佐藤ドンドコ(ドラム、パーカッション) 
 宮里豊(ギター、ベース)


Staff
企画、作曲:伊藤靖浩
演出:伊藤靖浩 
照明:松本永

主催



[PR]
# by newmusical | 2017-09-30 00:15 | その他カンパニー | Comments(0)

ジャージー・ボーイズ

2017.9.20(水)
d0071364_23464997.jpg

2016.7.23(土)13:00-16:00(休憩20’) シアタークリエ 超満員
白組


一見 suisuisui スムーズ

セリフを噛む 2,3 見受けられた





続く・・・








2016.7.6(水)14:00-16:54(休憩20’) シアタークリエ 超満員
16:55-17:03 MC 演出家説明
17:06-17:25 トークショー 白組4名 MC


とりあえず、今年の第1位に推します。





考えれば考えるほど、よく出来ているのです。(オリジナル構成・トニー賞受賞作品)
メロディーが映画のバックみたいに流れている。
ラストで4名のその後の独白、そしてラストの拍手が・・
※1)3階建てとか、※2)回り舞台の俯瞰とか、ミラーボール(これは以前からあった)とか、演出家が考えたらしい?

※1)は過去に数回ありました。2階建てはよく見かけます。
※2)は珍しい。

d0071364_18495833.jpg
d0071364_18501128.jpg






続く・・・


















[PR]
# by newmusical | 2017-09-20 23:47 | 東宝 | Comments(0)

プレミア音楽朗読劇 ヴォイサリオンⅡ ゴーストクラブ

2017.9.5(火)14:30-16:55(休憩20’) シアタークリエ 超満員

公演日程
2017 8.31-9.7 東京



周囲が工事中です(10月ぐらいまで)
日比谷シャンテは地下B2F食堂街はすべて閉鎖中、4F本屋も閉鎖中。
したがって、シアタークリエへの出入口は1Fのみです。


珍しく、プログラム・パンフ 発売なし



Cast

立ち位置 中央上手
コナン・ドイル
名作「シャーロック・ホームズ」シリーズの作者。プライドが高く、気取った態度の英国紳士だが、実際はとてもお人好しで怖がり。なんでゴーストクラブなんか作ったのか謎なくらい幽霊嫌いである。「最後の事件」でホームズを殺して以降スランプになっている。妄想の中に現れるホームズにからかわれながら、それでも新たな名作を書き上げ「自分はシャーロック・ホームズ以外も書ける」と世間に認めさせたいと思っている。知識が豊富で、実生活でも事件を解決してしまう人物ではあるが、人に騙されやすく、フーディーニに言わせれば「最高の客」だそうである。
CAST 鈴村健一(8/31)、梶 裕貴(9/1・2)、石田 彰(9/3)、小野友樹(9/4)、
春野寿美礼はるのすみれ(9/5・7)、山口勝平(9/6)

立ち位置 中央下手
ハリー・フーディーニ (1874-1926)
アメリカからやってきた天才奇術師。鋭い眼光でありとあらゆる霊媒師の嘘を見破り、更にその目の前でより複雑なマジックを披露して叩きのめす、ということを趣味としている。サディスティックな男。幽霊や霊媒師、怪奇現象などのインチキに対して尋常ではない怒りを抱いている。ドイル卿に言わせれば「鮮やかな手法で謎解きをするその姿は、どこかシャーロック・ホームズと重なるものがある」…らしい。ドイル卿と異なり、貧乏のどん底から這い上がってきた天才であり、どこか暗い影を持つ。
CAST 津田健次郎(8/31)、諏訪部順一(9/1・2)、中村悠一(9/3)、
浪川大輔(9/4)、紫吹淳しぶきじゅん(9/5・7)、平田広明(9/6)

立ち位置 上手
デズモンド・クラフト卿
15歳の少年。ランカスター家の血を引く名門に生まれる。幼いころに両親に先立たれ、クロフト家の財産と爵位を若くして引き継ぐことになる。幼いころより大人たちの欲望の中で生きてきたため、年齢のわりに冷めた目を持つ少年。クロフト家クロフト城の現当主。相続した不動産における幽霊事件に悩まされており、事件の真相を暴くようゴーストクラブに依頼する。自由で聡明なフーディーニに憧れており、兄のように慕う。いつかアメリカを旅行するのが夢。
CAST 皆川純子(8/31・9/6)、竹内順子(9/1・2・3)、小野賢章(9/4)、
妃海風ひなみふう(9/5・7)



立ち位置 下手
シャーロック・ホームズ
コナン・ドイル卿の小説に登場する架空の人物。言わずと知れた名探偵、シャーロック・ホームズである。極めて冷静沈着で行動的、ヴァイオリンが得意。ドイル卿の妄想の中に現れ、ホームズ特有の皮肉屋な喋り方で、「どうして自分を殺したんだ?」と恨み節。なんとか新作を書こうとあがくドイル卿を哀れに思っている。フーディーニと比較されることを良しとしておらず、「あの若造」と呼んでいる。
CAST 渡辺 徹(8/31・9/3・4・6)、石井正則(9/1・2)、 朴璐美パクロミ(9/5・7)



演奏
斎藤龍
鷲見恵理子
松本エル(8/31・9/3~7)
村岡苑子(9/1・2)
西澤いずみ(8/31 19:00・9/2~7)
稲野珠緒

Staff
原作・脚本・演出 藤沢文翁ふじさわぶんおう
音楽監督 小杉紗代
照明 久保良明
美術 野村真紀
音響 大野美由紀
衣裳 大戸美貴
ヘアメイク 宮内宏明
舞台監督 藤本典江
企画 白石朋子
プロデューサー 吉田訓和

主催 東宝




d0071364_00254695.jpg



続く・・・















[PR]
# by newmusical | 2017-09-06 02:16 | 東宝 | Comments(0)

風さやかさん

2017.8.28(月)20:30-21:00 ラジオ関西

のどにポリープが再発したそうです
元気がない放送になりました




[PR]
# by newmusical | 2017-08-30 03:16 | 雑談 | Comments(0)

赤毛のアン 2017,2012 エステー全国版

2017.8.24(木)13:30-15:59(休憩15’) 大阪・オリックス劇場 満員
千穐楽公演


公演日程
8/13 札幌
8/14 仙台
8/15 さいたま
8/16 - 8/17 東京
8/21 名古屋
8/22 福岡
8/23 広島
8/24 大阪




夏休み最後の日です。(大阪の場合)
エステー無料公演は5年ぶり鑑賞
d0071364_21593532.jpg
5年前の記憶がありません。
下の方は5年前の公演データですので比較しながら楽しみましょう。


〇は、5年前も同じ俳優さんです
cast
アン・シャーリー: 美山加恋
ダイアナ・バリー: さくらまや△(3年まえから継続)
リンド夫人: 大和田りつこ〇 ※2幕初めMC、舞踊指導あり
マリラ・カスバート: 旺なつき〇
マシュウ・カスバート: 越智則英
ギルバート・ブライス: 藤田玲〇
ブレア医師・駅員ほか: 宮内良〇
ステイシー先生: 吉田ひかる〇
バリー夫人: 染谷妃波〇
フィリップス先生: 設樂みのる〇
ミニー・メイ: 斎藤日南
ルビー・ギリスほか: 立枕夕佳

生徒たち
寺嶋あゆみ
花原優香
田中遥
竹井亜衣
井坂泉月
齊藤雛子
羽賀悠仁
大根田岳


■全国アンサンブル
(大阪)
舛井美希さん (9歳)
神谷侑里さん (9歳)
世古桃詩さん (10歳)
福海風歌さん (11歳)
藤井皆優さん (11歳)
佐伯奏依さん (11歳)
藤東梨乃さん (13歳)
藤澤日向子さん (14歳)
井上花音さん (14歳)
津川真優さん (15歳)
渡辺愛子さん (17歳)
栁田佐紀さん (19歳)
森桜子さん (22歳)


staff
ミュージカル制作 イマジン
全体管理・制作管理 電通

主催 エステー






続く・・・








2017.8.23(水)
偶然ですが、明日、千穐楽(大阪)参加することになりました。



2017.7.20(木)
今年も、抽選申込みしましたが、落選のようです!
もう5年ほど当選していません。



2016.7.27(水)
今年は、抽選申込みしましたが、なんの連絡もなしでした。落選決定!



2015.7.19(日)
 
今年は5/16にネット申し込みしましたが、
チケットの発送をもって結果が判明するらしいので、落選したようです。
一応、7/21まで待って、こなければ落選決定になります。





突然ものすごい視聴率アップしていますが、これは一昨年の感想です。今年2014年申込み忘れました。
ギャフン!


------------------------------------------------
2012.8.15(水)13:30-15:57(休憩15')大阪・オリックス劇場 満員

何ヶ月も前から応募(ネットまたは郵便)して、抽選で招待券が送られてきます。当日、劇場窓口で座席券と交換します。それが早く並んだ者から、前方席が割り当てられるようです。今日は交換開始が12時15分頃でした。開場は13:00、開演は13:30。ボクが着いたのが、12時10分でしたが、座席は前から21列目後方になっていました。あらま!! 無料招待だからしょうがないですね。おまけに帰りに、おみやげ付き。エステーさんやりますねー!!ありがとうです。エステーというのは、今はやりのCMでおなじみ消臭力の会社です。

さて、劇団四季以外の「赤毛のアン」 初見。

よかったですよ。アン・シャーリ=神田沙也加 奇跡の適役と言ってもいいほど、まさにアン!
驚きました。
本田美奈子さんのひめゆりで歌われた「生きている」に似た、最初のメロディーを聴いたとき、おやっと思われた方、作曲者が同じなんですね。なにか思いがあるんでしょうね。その他のメロディーもお気に入りが多いです。オープニングからボーカルの連続で、この作品は、歌オンリーなのかと思ってしまった。実際は違いましたが。気軽にここは歌だなと思ったときにメロディーが始まります。判りやすいのが一番です。もちろん、ファミリーミュージカルだからですが、実際、お子様の出演者もいましたが、達者です。びっくりです。できない子は落とされて、いい子だけが出ているという感じでした。
                 ↓ ・・・ 下の証明書をクリックすると アンのHPへ 
d0071364_23124230.jpg


cast
アン・シャーリー:神田沙也加
ダイアナ・バリー:高橋愛
リンド夫人:大和田りつこ
マリラ・カスバート:旺なつき
マシュウ・カスバート:安崎求
ギルバート・ブライス:藤田玲
ブレア医師・駅員ほか:宮内良
ステイシー先生:吉田ひかる
バリー夫人:染谷妃波
フィリップス先生:設樂みのる
ミニー・メイ:大久保凜
ルビー・ギリスほか:鈴木杏奈
エム・ホワイトほか:入口寛子


■全国アンサンブル
佐藤朱莉
工藤広夢
花原優香
小川遥香
土肥茉莉
長尾愛
中岡あゆみ


■TEAMグリーン・ゲーブルズ
立花美愛
中村碧
西田絢音
利川桃子
原涼葉
治田純礼子
山根祐佳
田中瑤音
木下咲優花
仲村桃香
立花育栄
上田悠未
岩井麻純




staff
音楽監督・作曲:山口琇也
演出・振付:田村連
プロデューサー:戸田幸比古
脚本:上村祐二
美術:岩崎顕二
照明:高見和義
音響:戸田雄樹
衣裳:神場やす江
舞台監督:黒木辰男
演出部:進藤忠、藤間浩也、高木俊介、小宮山徹、松井佐知子
照明操作:〔C.A.T.〕小笠ゆう、東田義雅、簀河原典子、鈴木健之、長谷川司樹
音響操作:〔エディス・グローヴ〕中村恵美子、潮 真由子、古口雄士
衣裳製作:金子通代、荻野宣勝(松竹衣裳)
大道具製作:〔C-COM〕桜井俊朗 
小道具製作:〔高津映画装飾〕中村エリト 
運送:マイド

TOURS制作チーム
クリエイティブディレクター:鹿毛康司(エステー) 
コピーライター:高木葉介(東急AGC) 
アートディレクター:根本高明(東急AGC) 
制作マネージャー:石野浩子(エステー)
テーマ楽曲制作:井筒昭雄、福島節(ミスターミュージック) 
ロゴ制作・グラフィック制作:千葉剛道、福井裕美(以上バードランド)
プロデューサー:諸星菜緒(マザース)
プロダクションマネージャー:垣下尚加、遠藤拓人(以上マザース)
演出・撮影:清家正信
撮影チーフ:砂原洋一

スタイリスト(神田沙也加):伏見知恵子、高野加奈子
スタイリスト(高橋 愛):橋田知佳
ヘアメイク(神田沙也加):伊藤通洋 ヘアメイク(高橋 愛):渡邉栄子
ミキサー:水野慎一(BOOK M)
録音:水野慎一、石原 弘(以上BOOK M)
オフライン編集:徳永修久(BOOK M)
オンライン編集:徳永修久(BOOK M)
車両:(株)エム・ブロス・ロケーションサービス
ホームページ制作:吉松文男(スタジオ・キュー)
キャスティング:北浦哲雄(東急AGC)、イマジン
記録:野口優(エステー)
制作協力:(株)ファンティック、(株)アップフロントエージェンシー

広報チーム
PRディレクター:中村吉見、丸野綾子、高橋郁江(以上エステー)、
矢島麻里実、増子慶太、吉田達希(以上サニーサイドアップ) 

運営チーム
支店営業統括本部長 加藤孝彦、広域営業統括本部長 紺田 司、
佐和邦彦、岩本忠徳、小嶋真樹、遠藤勇次、大西康夫、中川貴之、
上田剛士、松浦健二、赤木健一、西垣泰行、江島一正、阿部利明、
寺尾 修、野沢浩治、高野 豪、田原修造、松井信行、高橋 昇、米田恵美、
田島亮輔、高橋明広、竹村和洋、砂子坂章、長谷川秀人、真部健一、
古池利行、菅野 正、原田直輝(以上エステー)
川崎 猛(東急AGC)、山口 理(エンターテイメントボウル)、片田和也(クリル)

マネジメントチーム
伊藤俊介、森山輝幸、石幡 瞳(以上エステー)
野口徹、橋場康裕、立枕夕佳(以上イマジン)
林 誠、宮崎 晃、堀江 裕、大貫 朗、小島亨太(以上東急AGC)


ミュージカル制作:株式会社イマジン 
主催:エステー株式会社


公演日程
8月12日(日) 北海道 14:00 札幌市教育文化会館
8月13日(月) 東 北 14:30 イズミティ21(仙台市泉文化創造センター)
8月14日(火) 東 海 13:30 日本特殊陶業市民会館(旧中京大学文化市民会館) 
8月15日(水) 近 畿 13:30 オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)
8月16日(木) 中国・四国 13:30 上野学園ホール(旧ALSOKホール) 
8月17日(金) 九 州 13:30 福岡市民会館
8月20日(月) 関 東 13:30 大宮ソニックシティ
8月21日(火) 14:00,18:00 新宿文化センター (2回公演)
8月22日(水) 13:00 新宿文化センター
[PR]
# by newmusical | 2017-08-24 23:59 | その他カンパニー | Comments(0)

扇田昭彦さんのこと(故人・演劇評論家)

2017.8.22(火)
2年前に日比谷シャンテ3Fの本屋さんで購入したもの
「こんな舞台を観てきた」¥2,900  を今年2017の夏休みから読み始めました

扇田昭彦さんのことを、やまぐち・ひろこさんが追憶文を書いている

演劇とは
  ある日、ある時、ある場所に行かなくては、触れることができない。
 時には、観た人の生き方を変えるほどの力を持つのに、その場限りで消えてしまう。
 演劇とは、そういう芸術だ。


  映像に残すことはできても、カメラに写らない空気や、作品が時代や社会、観客と、
 どう触れ合い、どんな反応が起きたのかは、その場に立ち会った人しか感じることができない。


 そんな一期一会の現場と向き合い続けた

 ニュース、新鮮な批評として発信してきた


  作品の内容
  時代
  劇場の空気
  人々の熱気
  舞台と客席の間に吹いたすきま風



  それらは深く考察することで、演劇を軸とした現代の文化史を編んできている


このブログも、上の<青色>が少しでも記録されていれば、いいのですが・・・
雑誌「ミュージカル誌」に連載されていた ミュージカル時評は一冊の本にならないかなあ





デイリースポーツ 2015年5月23日(土)14時19分配信

演劇評論家 扇田昭彦氏が急逝 悪性リンパ腫発覚から1週間で
 演劇評論家の扇田昭彦(せんだ・あきひこ)氏が22日、悪性リンパ腫のため死去した。74歳だった。同氏が編集委員を務めていた朝日新聞社が発表した。

 今月中旬まで、通常通りに原稿を執筆していたというが、不調を感じて受けた検査で悪性リンパ腫が発覚。1週間の入院後、22日午後9時1分に亡くなった。

 葬儀・告別式は近親者のみで営み、後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男で演出家の拓也氏。

 扇田氏は1940年6月26日生まれ。朝日新聞社に入社後は、長く演劇担当記者として活躍した。著書に「日本の現代演劇」(95年)、「唐十郎の劇世界」(07年)など。


[PR]
# by newmusical | 2017-08-22 18:27 | 雑談 | Comments(0)

アニー  2017

2017.8.15(火)15:30-18:10(休憩20’) ドラマシティー 満員
大阪最終公演
チームモッブ最終

アニー 会百花(かいももか)小6
 しっかりした歌唱力、説得力が素晴らしい

幕間に地上を覗くと、デスノート俳優が小雨で走ってる、ファンが追っかけてるに遭遇。
サンディーは散歩していない。大阪千穐楽だもんな・・





2017.8.12(土)15:30-  ドラマシティー 満員
チームモッブ (注、下のCAST表 右側)
1幕のみ鑑賞

アニー 野村里桜(りお)小5



プログラムパンフより詳しい、絶対見ておくべき、おすすめのページ
最新(2017)版の解説など <----ココ
ウィキペディア(アニーのすべて)<----ココ



2017.4.28(金)14:00-16:32(休憩20’) 新国立中劇場  入り90%
チーム・バケツ


公演日程
4.22-5.8 東京
8.10-8.15 大阪(全日2回公演の休みなし)
8.19-8.20 仙台
8.25-8.27 名古屋
9.3 上田


まあ、この日は、サンディーのご機嫌が悪く段取りを全部忘れて、本性丸出しになりました。
前半の登場シーンが台無しになって、吉本新喜劇と化しまして、その為か
お客様がリラックスした雰囲気となり、俳優さんたちの熱演もあり、拍手にも迫力がでていました。

アニーが引きずっていかれそうな雰囲気だったし、男性俳優さんに敵意丸出しで、ワンワン吠え出すし
マント・マン(調教師)が出てきて、なんとかなだめておとなしくなったけど。
これじゃあ、どうなってしまうんだろう? 見ている限り、ひやひや、どきどきでした。
舞台で、オシッコでもしだしたら大変なことになっていました。ま、それは無かった。


幕間 マント・マンは西口方面を散歩させていました。後半は普通の出来になっていたようです。


チーム・バケツ(下のCAST表 左側)
野村、小金、林、井上、小池、笠井、宍野(ししの)
今枝、加藤、庄野、菅井、筒井、生田、吉田、涌井(わくい)

d0071364_20513694.jpg

よみかた  大統領 そのおか、執事長 かしむら、メイドのセシル みれい


d0071364_20520916.jpg

d0071364_20524134.jpg

d0071364_20531132.jpg







続く・・・













[PR]
# by newmusical | 2017-08-15 20:53 | その他カンパニー | Comments(0)

ピーターパン  2017

2017.8.13(日)11:30-14:10(休憩15’×2回) 梅田芸術劇場メインホール 1F2F3F満員
大千穐楽

思えば1年前、フライング・リハで落下事故があり、公演は中止、というか演目自身がなくなってしまった。海賊船長との闘いでピーターの垂直降下シーンがあり、頭からの落下で顔面負傷のためだった。払戻しが
ありました。責任問題とか操作誤り原因とかは情報公開されていません。幸いなことに女優さんは回復し、レミゼのエポニーヌに出演中です。

東京の初日を見て、大阪の大千を見たわけです。もうすっかり、役を自分のものにしたようなので、生き生きしている俳優さんたちでした。1日たったのですが、メロディーが頭を駆け巡っている感じです。

1年に2回(東京・大阪)ほどしか見られないのですが、ラストシーンでピーターが戻ってくるところ。
ウェンディーにとっては、10-20年経過して、年も取り子供までいる。ピーターにとっては春の大掃除
シーズンしか経過していない数か月。あの時の、ウェンディー神田の痛恨の表情を、大人たちは切実に感じてしまうのです。子供の心を忘れてしまった大人たち。子供たちはそんなこと、なんとも感じない。






2017.7.24(月)15:35-18:10(休憩15’×2回) 東京国際フォーラム ホールC 1F満員 2F未確認 3F未確認
初日
3幕構成

公演日程
2017.7.24-8.3 東京
2017.8.5-8.6 静岡
2017.8.12-8.13 大阪





演出が大幅に変わったということで、初日行ってきました。
・元々は3幕ものだった(ボクが見始めた頃)に戻った、3~4年前は上演時間が3時間超えだった。今日は、休憩含んで2時間35分、休憩を差し引くと2時間5分。まあ普通。
・装置構成が簡素化されました。最近よくシアタークリエで、見かける鉄骨3階建て多目的構造です。はっきり言って失敗ですね。いかにも安っぽい。初めて見た子供たちは、これが標準になるんでしょうね。
・舞台が結構広いのに、中央付近で、こそこそやっている感じはいなめないので、すべてにおいて迫力がなくなった。前回、前々回のほうが、良かったと感じました。


cast
d0071364_00551335.jpg

ブックマンたちが何人か、場内をうろうろして、絵本を見せびらかすのです。なんや、こいつら、なに? これ? プログラムとかパンフの売り子かと間違いました。これも演出の一部なのです。
オープニング、コーラスラインみたいに横に並ぶのです、おや、これが新しい演出なのかと?
しかし、今だに、なにを表現したいんだろうと、よく分からない?
メイドのライザも、ストーリーテーラー(MCのような)なのか、どうなんだか?


で、吉柳咲良(きりゅう さくら)さん ちょっと読めないですねー
最初、下手通路から登場します。歌、へたでした。やたらヴォリュームあげてるし。
金属音だし。
ま、そのうち慣れるのですが。
今日は初日だし。ま、いいか。


で、フライングは着地に足元確認の安全第一行動をしていました。
昨年の大阪での人身事故があった、頭からフック船長を攻撃するシーンはさすがに
ありませんでした。とにかく、フライングはものすごく、恐怖感が先にありますね。ボクなんかは1幕4人がフライングする感動シーンで、接触事故を心配してしまいます。

キャストさんの演技については、本が同じのようで、従来通りなかなか良かったです。
インディアンたちのバク転などは、軽々やっているし、タイガーリリーのダンスも良かったです。早い動作に比べると、いわゆる開脚は少し弱いかな。なかったか?

フック船長とピーターの、最後の対決ですが、船長が船から転落してワニの餌食になる(映像)。ここがどうも納得できずにいます、消化不良ぎみ。フック船長の転落は自分で落ちたのか?



staff
原作 ジェームズ・M・バリ
作詞 キャロリン・リー
作曲 ムース・チャーラップ
翻訳 訳詞 青井陽治

演出 藤田俊太郎  ◎初日見かけました
音楽監督、作・編曲 宮川彬良
振付 新海絵理子
美術 原田愛
照明 日下靖順
音響 鹿野英之
衣裳 小林巨和
ヘアメイク 宮内宏明
フライング 松藤和広
擬闘 栗原直樹
映像 横山翼、新川憲太郎
歌唱指導 林アキラ  ◎初日見かけました

舞台監督 田中絵里子、ニ瓶剛雄


主催 フジテレビジョン、スポーツニッポン新聞社、ホリプロ
特別協賛 青山メインランド
後援 サンケイリビング新聞社

企画制作 ホリプロ


number
d0071364_01114951.jpg




続く・・・













[PR]
# by newmusical | 2017-08-14 22:36 | その他カンパニー | Comments(0)

ノートルダムの鐘

2017.7.28(金)13:35-16:15(休憩20’) 京都劇場 満員

7ヵ月ぶりに鑑賞しました。2回目です。
カーテンコールが結構、長かったです。もちろん、劇場側誘導あり。
売店で、四季ノートル切手¥3,000いくらか欲しかった。
castさんは、ものすごく丁寧に真剣に演じていました。さすが劇団四季でした。
ただし、高熱の溶鉱炉落としシーン、フロロー落としシーンは、もう少しなにか工夫が欲しいです。

d0071364_23282895.jpg





2016.12.28(水)13:34-16:14(休憩20’) 秋劇場 満員

劇場内はノートルダム寺院に入った雰囲気です。
時は、1482年@日本は室町時代 パリ・ノートルダム大聖堂に始まります。
ラテン語の聖歌が響きます。キャスト表を見てください。舞台奥の天井近く、上手(右)下手(左)に
聖歌隊16人が歌いあげます。
最初、カジモド(海宝)はキリストでしょうか?背中にハリボテを担いで上着を着ると、背むし男に変身します。顔は上から黒の線を何本か引くと見にくい怪物になります。

d0071364_09140685.jpg


公演予定
2016.12.11-2017.6.25 東京「秋」劇場
2017.7月-   京都劇場




続く・・・









[PR]
# by newmusical | 2017-07-28 23:48 | 四季 | Comments(0)

ひめゆり  2017

2017.7.17(月)13:05-15:49(休憩20’) シアター1010 入り97%
前楽 (月組千穐楽)

公演日程 2017.7.13---7.18 東京


ことしも行ってきました。
英霊さんに合掌



今年感じたこと
 ダンスのメリハリ
 コーラスの美しさ
 心構えと信念



Cast

           ------月組------ -----星組------ 
キミ(ひめゆり学徒) はいだしょうこ はいだしょうこ   @今年で連続3年目
上原婦長(南風原陸軍病院看護婦長) 木村花代 木村花代  @2年ぶり3回目
檜山上等兵(日本軍兵士) 中井智彦 中井智彦       @初 なにか違和感あり
滝軍曹(日本軍軍曹) 小野田龍之介 小野田龍之介     @2年ぶり2回目
ふみ(ひめゆり学徒) 河西智美 河西智美         @初

はる(ひめゆり学徒) 守屋由貴 井坂 茜
かな(ひめゆり学徒) 湖山夏帆 苅谷和暉子
みさ(ひめゆり学徒) 早乃香織 内田莉紗

ちよ(ひめゆり学徒) 柊みさと 小島優花
ゆき(ひめゆり学徒) 中村萌子 荒居清香
あき(ひめゆり学徒) 豊田麻理奈 山崎朱菜

杉原上等兵(日本軍兵士) 輝海健太 横田剛基
神谷先生(沖縄師範学校教師) 平山 透 西村匠平
岡教頭先生(沖縄師範学校教頭) 長谷川大祐 長谷川大祐
サチ(那覇の女 赤ん坊の母) 藤澤知佳 堀 祐子
親泊先生(沖縄師範学校教師) 上願由佳 太田有美
ルリ(ふみの妹) 村上恵子 笹石けい

みち(ひめゆり学徒) 池永美穂 古賀なつき
のぶ(ひめゆり学徒) 村上恵美 菅田紗子
クミ(ひめゆり学徒) 八田知夏 梶礼美菜
やえ(ひめゆり学徒) 廣岡真帆 飯塚萌木
とし(ひめゆり学徒) 藤田沙知 曽我部英理
みよ(ひめゆり学徒) こんたみのり 青木みくり
たき(ひめゆり学徒) 藤村奈央 柘植美咲
ヒサ(ひめゆり学徒) 尾谷響香 刀根友香
キク(ひめゆり学徒) 下川弓絵 平田里美
もも(ひめゆり学徒) 黄金井美帆 小笠原桜子
トミ(ひめゆり学徒) 光岡あかり 小栗万優子
しず(ひめゆり学徒) 野口はるか 小林 都
ちえ(ひめゆり学徒) 紺野悟子 滝口恵梨果

民衆・キヨ(ふみの母) 大村美樹 中野史緒江
民衆・かず(ひめゆり学徒) 泰原いずみ 北澤小枝子
民衆・まさえ(ひめゆり学徒) 中山佳与 掛橋七海
民衆・看護婦・キミの母 吉野めぐみ 廣瀬知恵
民衆・看護婦・キミの祖母 松浦江里 成重美咲
民衆 八重幡典子 富吉まこ
民衆 佐々木希衣 境田美由紀
民衆 佃 華枝 松澤梨奈
民衆 有田恵理 鈴木 萌

サチの夫・兵士 松田直樹 松田直樹
民衆・兵士 西村匠平 平山 透
民衆・兵士 横田剛基 輝海健太
民衆・兵士 鈴木遼太 鈴木遼太
民衆・兵士 柴野 瞭 柴野 瞭
民衆・兵士 加藤拓也 加藤拓也
民衆・兵士 肥沼勇人 肥沼勇人
民衆・兵士 山川大智 山川大智
民衆・兵士 佐々木恭祐 佐々木恭祐
民衆・兵士 田中隆雅 田中隆雅




Staff
作曲・編曲・音楽監督  山口琇也
脚本・作詞・演出・振付 ハマナカトオル

美術 松野潤
衣裳 藤澤知佳
照明 小川修
音響 中村恵美子
映像 JUNGO


プロデューサー 竹本敏彰、ハマナカトオル

企画・製作・主催 ミュージカル座

協力 近畿日本ツーリスト

d0071364_22443826.jpg




続く・・・











[PR]
# by newmusical | 2017-07-18 20:00 | ミュージカル座 | Comments(0)

ふるあめりかに袖はぬらさじ

2017.7.15(土)17:05-20:20(休憩30’) 明治座 満員
音楽劇(ミュージカル風)


(辞世の句)
露をだに
いとふ倭(やまと)の
女郎花(おみなえし)
ふるあめりかに
袖はぬらさじ

亀遊(きゆう)さんは、実は読み書きはできなかった、瓦版屋の創作に間違いないのだが、ネタ供給元は
お園さんだった。剃刀自殺が懐剣となり、辞世の句はお園が5年前に馴染みの先生から教わったものを
皮肉った改作。嘘に嘘を重ねてこの事件は成り立っていったのだった。

現代語だと
大和の女郎花(おみなえし)は、露だけでも嫌だと思うのに 降る雨に袖を濡らしたりはしません 雨が降る=ふるあめりかに と掛けてある

日本国の女郎は ほんの少しだって異人に肌を許したりはしませんよ、だからアメリカ人に抱かれたりするもんですか

いわゆる、攘夷が主張されている訳ですね

あと、イルウス(米国人)の見請代金600両は、現代では1億円らしい

この話、嘘転がし、「雪まろげ」に出てきたりしますね。

一番大事な主張を忘れてはいけないので、書いておきます
それは、江戸に取り残された武士たち、尊王、攘夷、佐幕と騒がしかった時勢が、今の郭での喧噪と
同じであったということ、お園さんが一人分かってしまったということでした。一つの出来事が時代の経過に
伴って、まったく書き換えられてしまっている。世の中で起こっていることは嘘が嘘を呼び、真実はどこかえ消えてしまっている。ということで、おもしろく語らっているのですよ! あはは・・



Cast
お園 大地真央
主人 佐藤B作


Staff





主催 明治座




続く・・・












[PR]
# by newmusical | 2017-07-16 22:47 | その他カンパニー | Comments(0)

グレート・ギャツビー

2017.7.11(火)13:00-15:55(休憩25’)梅田芸術劇場メイン 満員





2017.5.10(水)13:00-16:05(休憩25’) 日生劇場 満員




Cast










Staff
原作 F・スコット・フィッツジェラルド
音楽 リチャード・オベラッカー
脚本/演出 小池修一郎

音楽監督 太田 健
振付 桜木涼介
歌唱指導 山川高風、やまぐちあきこ
美術 松井るみ
照明 笠原俊幸
音響 山本浩一
衣裳 生澤美子
ヘアメイク 富岡克之(スタジオAD)

オーケストラ 東宝ミュージック ダット・ミュージック
指揮 上垣 聡



プロデューサー 岡本義次、篠﨑勇己(東宝)、熊澤伸人、
        岡田賀津子(梅田芸術劇場)








[PR]
# by newmusical | 2017-07-13 00:45 | 東宝 | Comments(0)

俳優の日下武史さん死去

2017.7.1(土)20:53配信 日刊スポーツ

日下武史さん、声を聞くだけで舞台の情景浮かびます

(写真)日下武史さんに献花する四季俳優陣

 劇団四季の創立メンバーの俳優日下武史さん(享年86)のしのぶ会が6月28日、「鹿鳴館」「ヴェニスの商人」などで舞台に立った自由劇場で行われた。1953年(昭28)の創立から苦楽を共にした演出家浅利慶太氏、照明家吉井澄雄氏をはじめ、北大路欣也、市村正親ら一般参列者を含めて611人が参列。四季の俳優たちがミュージカル「コーラスライン」の劇中歌「愛した日々に悔いはない」を献歌した後、妻の女優木村不時子さんらが次々と献花し、日下さんと最後の別れをした。

 日下さんは14年の「思い出を売る男」を最後に舞台出演から遠ざかっていたが、四季公演や浅利演出事務所公演にはよく駆けつけていた。
今年5月、静養を兼ねて、知人のいるスペイン・マジョルカ島に旅行に出掛けたところ、そこで体調を崩し、5月15日に誤嚥(ごえん)性肺炎で急死した。現地で荼毘(だび)に付された後、帰国していた。

 日下さんは、昨年亡くなった平幹二朗さんとともに、せりふ術では群を抜いていた。明快で、客席にしっかりとせりふを届けられる数少ない俳優の1人だった。四季草創期の61年放送の海外ドラマ「アンタチャブル」でエリオット・ネスの吹き替えを担当するなど、声優としても活躍した。

 参列した市村は四季時代に「エクウス」「M・バタフライ」で共演し、「どちらも僕が全裸になる場面があって、日下さんに全裸を見られています」。四季には約17年在籍し、日下さんにはさまざまな影響を受けた。「演技の技術、テクニックは日下さんから盗ませてもらった。僕がいっぱしの役者でいられるのも、日下さんのおかげです」と感謝した。
64年に「シラノ・ド・ベルジュラック」で舞台デビューしてから何度も共演した北大路も「右も左も分からない中で、手取り足取り教えてもらった。本当にありがたい先輩でした」としのんだ。

 60年を超える舞台生活で100以上の役柄を演じてきた。しのぶ会では「鹿鳴館」の影山伯爵、「エクウス」のダイサード、「この生命誰のもの」の早田健、「ヴェニスの商人」のシャイロックなど、日下さんが演じた舞台の音声が流れていた。その声を聞くだけで、舞台の情景が自然と明瞭に浮かんでくる。
そして、しのぶ会には市村をはじめ、四季から離れた俳優も数多く参列していた。市村に限らず、それぞれが日下さんと同じ舞台に立つことで多くを学んだという。その舞台が演じる者にとって目標となる、舞台に生きた俳優だった。 【林尚之】





2017.5.16(火)19時19分 朝日COMから
 
 劇団四季の創立メンバーで俳優の日下武史(くさか・たけし、本名日下孟〈くさか・たけし〉)さんが15日、誤嚥性(ごえんせい)肺炎のため静養先のスペインで死去した。86歳だった。通夜・葬儀は親族のみで営む。後日、お別れ会を開く予定。
 53年に演出家・浅利慶太さんらと劇団四季を結成。「ヴェニスの商人」「鹿鳴館」といった舞台、「鬼平犯科帳」「剣客商売」などのテレビドラマに出演し、声優やナレーターとしても活躍した。独創的な演劇活動を続けたとして96年に紫綬褒章を受章。14年に東京都港区の自由劇場で上演された「思い出を売る男」が最後の舞台となった。


劇団四季HP <-----ココ









[PR]
# by newmusical | 2017-07-02 01:11 | 雑談 | Comments(0)

連勝新記録樹立の藤井聡太四段「学校行きたくない」で母困惑

6/30(金) 6:03配信 女性自身

(写真:アフロ)

史上最年少棋士でデビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が6月26日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に91手で勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成した。

順風満帆にみえる彼の“棋士人生”。実は現在、高校に進学するかどうかで揺れている最中だというのだ――。

「棋士の対局は、遅いと午前1時をまわることもしばしばあります。学業との両立はかなり大変ですから、中学3年生の藤井くんは、高校進学を悩む時期でしょうね」(現役棋士)

実際、プロデビュー直前の昨年9月に本誌が“母子インタビュー”をしたときも、母親の裕子さん(47)は、困惑気味にこんな不安を口にしていた。

「大阪ばかりでなく、東京での対局も増えてきます。今はすべての時間を将棋にあてたくて、学校に行く時間ももったいないみたいです。今日も『学校に行きたくない』とブチブチ文句を言っていました。高校進学についてはどうなるのでしょうか……心配です」

棋士は勝てば勝つほど対局が増えていく。今後はますます負担がかかってくることになるということだ。

東大出身の異色の棋士・片上大輔六段(35)がこう語る。

「羽生善治三冠(46)は、年間80局という異例の対局数をこなしながら通信制高校を卒業しました。それでも将棋界の7大タイトルを全冠制覇するほどの活躍ができたのです。将棋一本の狭い世界だけでなく、高校に通って集団生活や人間関係を学ぶことはやはり大事なことだと思います」

だがいっぽうで、棋力がもっとも伸びるのも高校時代と言われているから難しい選択だ。奨励会(プロ棋士の養成機関)に子供を通わせる母親も、藤井四段の母親と同じく頭を抱えている。

「学校よりも何よりも将棋を優先しなければ強くなれません。でも、将棋で挫折した時のことを考えると、やはり高校くらいは出ておいてほしいというのが本音です」

我がこの将来を案じる母親にとっては悩ましい問題だが「藤井四段なら大丈夫」という声も多い。

「普段からよく本を読み、毎朝、新聞に目を通しているという藤井くん。そんな彼なら、たとえ高校に満足に通えなかったとしても、勉強は続けるでしょうし、社会性が失われる心配もないと思いますよ」(『ふみもと子供将棋教室』の文本力雄さん)

日本将棋連盟も“藤井シフト”を敷いて、将棋と学業の両立をサポートするという。

「できる限り、対局は土日になるよう調整しています。平日に対局が入ったとき以外はすべて出席しています。授業態度も良好だと聞いています。高校進学に関しては、本人の意思をまだ聞いていませんが、学校へはご理解を求めております」(関西本部の広報担当者)

28連勝を達成した翌日の今月22日、本誌は藤井四段の実家を訪れた。

母の裕子さんに改めて“学業問題”について聞いてみると、「今日もちゃんと朝から学校に行きましたよ」と報告してくれた。将棋と同じく人生の何手も先を読む藤井四段は、果たしてどんな答えを出すのだろうか――。





[PR]
# by newmusical | 2017-06-30 06:30 | 雑談 | Comments(0)